2018年11月19日

「 期待を見つけて願いに戻そう 」




「期待を見つけて、願いに戻そう」





私たちは時々、



大切な人から「愛されること」

誰かの「反応」や「評価」

また頑張っていることに対する「成果」や「成功」など、

自分が「こうあって欲しい」と願っていたことが、

心の中で「こうあるべきだ」に置き変わってしまっていることがある様です。




・夫はもっと私のことを大事にすべきなのよ。

・ここまでしているんだから感謝されて当然でしょ。

・普通、だんなって こうする よね。




・お客様にはずっと誠実に接して来たのに選んでくれなかった。

・結果としてここまで数字を出したのに、評価してくれないんだ。

・寝る間も惜しんで頑張って来たのに、こんな結果かあ・・・




まあよく経験する気持ちではありますが(笑)




大事にされたい、感謝されたい、評価して欲しい。が、

大事にするべき、感謝して当然、評価してくれるはず。

という気持ちに変わってしまっています。




「○○するべきだ」とか「〇〇して当然」など、私たちが抱くこの様な気持ちを『 期待 』と呼びます。




もちろん『 期待 』してしまうにはそれなりの背景はあります。

頑張っているとか、一生懸命尽くしたとか、我慢したとか etc.




ただ『 期待 』をしていると、

思うような結果にならなかった時、心はひどく傷ついてしまうのです。




期待した反応をしてくれない相手を恨めしく思ったり、

結果を出せない自分をダメなやつだと責めてしまったり。




自分の気持ちが『 期待 』に変わってしまっているどうかは、

自分が傷ついているかどうかで確かめることが出来ます。




『 期待 』する気持ちをゼロにして神様のような大きな心を持ちましょう。

と言う話ではなく、

心の中の『 期待 』に気付いて、もともとの想いや願いに戻した方が

結果や成果が出たり、欲しいものが手に入り易くなるのではないか?




という話なのです。






では、逆に『 期待 』や『 要求 』を向けられた方の気持ちも少し想像して見ましょう。




少しでも美味しいものをと思って、朝からいくつものスーパーを回って、

自分の時間も、したい事も我慢して、

何時に帰って来るかわからない人のために、何度も何度も作り直して、

あなたにのためを思って、毎日毎日必死で作って帰りを待っているんだけど!




って言う気持ちが湯気で噴出してそうな手料理を前にして、

「どうなの、美味しい?」って聞かれた時どんな気持ちがするだろう?




「別に頼んでるわけではないし」とか、

「夕食は何でもいいんだけど」なんてぼそぼそと言ってしまったら、

どえらいことになりそうですよね(笑)




また、奥さんではなくても、私たちがまだ学生の時に、

親が学費を出して、学校に行かしてもらっているんだから、

お前たちは親の言うことを聞いて当たり前やろ。とか、

勉強して当然やろ。って言う気持ちを言われたり、伝わって来たとしたらどんな気持ちになったでしょう。




あんまりいい気持ちではないし、

美味しくいただこうとか、そうかあ頑張って勉強してお父さんに喜んで欲しい。

と言う気持ちにはなりにくい様な気がしませんか?




でも、お父さんが自分は学生のころあんまり勉強しなくてあとで後悔したことや、

お前にはもっともっと人生の可能性を広げて行って欲しいというお父さんの願いを、

ただ素直に伝えられたらとしたら?




あなたが一日頑張ってお仕事して来て、

疲れが取れてほっと出来たり、少しでも元気になれる様な美味しいご飯を作れたら、

私ほんとうに嬉しいんだ。って気持ちを伝えられたら?




その方が結局は、お父さんや頑張る奥さんは、欲しいものを手に出来る様な気がしませんか?






でも、私たちの「こうあって欲しい」という『 願い 』は、

よく「こうあるうべき」という『 期待 』に変わってしまっています。




自分自身に対してもそうです。




これぐらい出来て当たり前だ。だったり、

結果が出せなきゃ恥ずかしい。だったり、

大きすぎる『 期待 』を自分に向けていると、

もうひとりの自分はそれに応えようと必死に頑張ります。




そしてその結果が期待したものとまったく”イコール”でなかったら、

すべてがダメに思えたり、出来ない自分をとことん責めてしまいます。

あなたははじめ、ただ自分が良くなることを願っただけなのに・・・




もし今、結果が伴わなくてイライラしていたり、

周りの人の反応や評価に怒っていたり、苦しい気持ちを感じているのなら、

自分の中の『 期待 』を探しましょう。




パートナーに対して、

上司に対して、

友人に対して、

お客様に対して、

そして自分自身に対して、




大丈夫!そのどの『 期待 』も、

もともとの形はあなたの心の中の純粋な『 願い 』だったのだから。




愛して欲しい

認められたい

大切にして欲しい

選ばれたい

必要にされたい

こんな自分になりたい




こんな自分であることを期待するよりも、こんな自分になりたいと願うほうが、



選ばれることを期待するよりも、選ばることを願うほうが、



『 愛されること 』を期待するよりも、『 愛されたい 』と純粋に願ったほうが・・・



きっと、上手くいくから。






§ 関連の記事

「 期待 」してしまう心理にはこんなことも

●こころの救急箱「 成果が上がらない 」>>>





● 吉原直人のブログを毎週メルマガで配信しています!!

   読者登録はこちらから>>>

   「夫、妻、男、女のこころの仕組みを知りたいメルマガ」●読者登録


 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 電話カウンセリング>>>

 面談カウンセリング>>>



Posted by naoto_tanimura at 19:55