2018年09月10日

こころの救急箱 「 今あなたに必要なもの 」




自分が誰かの”ある行動”で傷つけられたり、長い間苦しめられたと感じていたら、

自分は『絶対に”そんな事”はしない』と心の中で強く決めませんか?



それは周りの人に同じ様な嫌な思いをさせたくないと言う思いだったり、

しんどい思いを経験した事でより成長した人間になれた事には間違いないです。



でも今、



心の中で『絶対しない』と強く誓ったその行為が、

今の人生で、どうしても上手く行かない問題から抜け出す方法だったり、

本当に求めている幸せを手にするために必要なものだとしたら・・・




* * 




カウンセリングでこんな話を聞く事がよくあります。

・私は子供の頃、ずっと母の愚痴の聞き役だった。とか、

・僕は母から毎日の様に祖母や父の悪口を聞かされて育った。とか。



今の僕たちは大人になって、自分も色んな経験している分、

周りの人のストレスにもある程度寛容になれたり、また時にはスルーしたりも出来ます。



でも子供の頃は、愛する人の役に立ちたいとか、守ってあげたいという思いも強く、

今よりももっと純心にその話を聞いていたし、真剣に受け止めていたでしょう。

だから心が経験した負担やダメージは今よりずっと大きかったはずです。



すると、その人の様に自分が愚痴を言ってしまう事が、

誰かにものすごく迷惑になったり、負担を与えてしまう事だと感じる様になります。



愚痴や悪口だけではないです。



家族の誰かが急に怒り出したり、感情的になったりする人がいて、

大きな悲しみや恐怖を経験すると、自分の感じる怒りや感情が、

同じ様に誰かに恐怖を与えたりひどく悲しませたりする事だと感じます。



ほかにも、精神面でいつも誰かに頼られていたり、甘えられていたり、

また親が使った小さな嘘やずるさを見て傷ついたりしても、

その人たちが見せた行為やその一面を否定的に感じる様になります。



自分がしんどかったり傷ついた分、自分はそうありたくないと思う様になるのです。



そしてその人に対して、心のどこかで攻撃的な気持ちが残っていればいるほど、

『絶対にわたしは〇〇しない』と言う『禁止』の気持ちが強くなります。




※『禁止』については下記の文章で解説していますので参考にしてください。

  「許し」〜許せない気持ちには自分の禁止が潜んでいる〜

  
   http://naoto.livedoor.biz/archives/51009656.html



* *





では『そうありたくない』と思っていたり、

『〇〇しない』と決めている事って、どんな事なのでしょう?



上の文章で出てきた事を並べて見ると。

愚痴、悪口、怒り、感情、頼る、甘える、小さな嘘、ずるさ、etc.



悪口や嘘は確かに”いけない事”ではありますが、すべてが『悪』なのでしょうか?

僕たちの心はその言葉を聞いたからしんどくなったり傷ついたりしたのでしょうか?



その行動を向けられた僕たちの心が重たくなったり、傷ついたりした、

本当の原因は愚痴や怒りではなく、

それを伝える”表現”や”やり方”によって傷ついたのです。



例えば、

〇母親の、お父さんや家族に対する愚痴を聞いている時、

「だからお母さんの方が”正しい”よね」とか「おばあちゃんは悪い人だよね」って、

言う自分の正しさや同意を求められてるって感じると心は負担を感じます。



〇自分の想いが伝わらずに怒鳴りまくられると、もちろん恐怖を感じますが、

「お父さんはその事ではすごく腹が立っているんだよ」と伝えられたとしたら、

それほど恐かったり悲しかったりするでしょうか。



〇絶対にお母さんの頼みを聞いてね、お母さんを裏切らないでね。

と言う気持ちが伝わって来るとすごくしんどいですが、

「お願いがあるんだけど、〇〇してくれないかなあ?」って、

断る事も出来ると感じられるお願いだったらそんなに負担にはならないです。



何が言いたいかと言うと、



僕たちは自分が傷ついて来た分、

その人がした行為やその行動の元にある気持ちを、

自分が持つことさえ許せなくなってしまいます。



でもその事が今、自分を生きにくく追い詰めていたり、

幸せに向かう事を阻んでいる場合もあるのです。




少し人生で上手く行っていない分野を思い返して見ましょう。




今、職場の人間関係で行き詰っているのなら、

誰か友人と飲みに行って「上司の〇〇、ちょームカツクっっ」って、

溜まった気持ちを聴いてもらう事で明日からまた少し楽に職場に行けないだろうか。



今、どうしても成功したいプロジェクトがあるのに、行き詰っているのなら、

同僚に「力を貸して」とお願いする事で成功を手にする事が出来ないだろうか?



仕事と家事と子育てで毎日毎日いらいらしてどうしょうもないなら、

誰かに「助けて」って言う事だけで楽になる事ができないだろうか?



本当に信頼して「頼ること」で、自分が必要とされていないと感じて来た夫の気持ちを取り戻せないだろうか。



「愛して欲しい」とその気持ちを伝えるだけで、今までに出来てしまった二人の距離は縮まらないだろうか。

  




・愚痴を聴いてもらう事。

・悪口を言う事。

・怒っている事を伝える事。

・泣く事。

・誰かを頼る事。

・甘えてみる事。

・要領よくする事。

・ごめんなさいって言う事。

・お願いする事。

・愛しているって言う事。

 etc. etc.



今のあなたの人生を大展開する言葉、

あなたが本当に望む幸せな人生を手にするために必要なものは、

ずっと今まで自分に許して来なかったものなのです。







● 吉原直人のブログを毎週メルマガで配信しています!!

   読者登録はこちらから>>>

   「夫、妻、男、女のこころの仕組みを知りたいメルマガ」●読者登録


 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 電話カウンセリング>>>

 面談カウンセリング>>>




Posted by naoto_tanimura at 09:29