2018年07月30日

・・最高の贈り物・・




”最高の贈り物”



パートナー、好きな人、子供たち、家族に、友人に、親に...

自分が愛する人や大切にしている人には”最高のもの”を贈りたい。

僕たちは心の中でいつもそう願っています。



誰かを好きになった時、

その人に、

最高に楽しい時間、最高の喜び、最高の幸せを、

味わってもらいたいと思います。



子供を持った時、

その子には、

最高の環境、最高の教育、最高に幸せな時間を、

与えたいと願います。



特に子供を持つと僕たちは、

自分が子供の頃に与えてもらえなかったものを、

なんとしてでも与えたい。

もしくは、自分が辛かった経験や環境は絶対に与えない。

そう強く思います。



でもあまりにも強く思い過ぎて、ふと気付くと、

自分と同じ様な境遇や環境を与えてしまっている。

その事に茫然としてしまう時もある。



その時は、自分を責めないで、

過去自分にその環境を与えてしまった親や大人たちのことを、

理解しようとしたり許したり”する時”が来たんだな。

と考えて見てください。



ほかにも、



大切に思う家族に対して、親に対して、友人に対して、



最高の楽しみを与えたい。

最高の幸せを与えたい。

最高の喜びでありたい。

最高を与える存在でありたい。



誰もが愛する人に対して、

自分がそんな存在でありたいと願っているのです。



だから、



時には、パートナーの言葉に深く傷ついたり、

未だに、誰かのことを助けられなかった自分を責めていたり、

親の期待に応えられなかった自分には価値がないと思っていたり、

そんな気持ちを持ち続けてしまう事もあるのです。



心が傷ついたり、無価値感や罪悪感などの気持ちを、

感じてしまうと言う事は、僕たちの心の中に、

『その人に喜んで欲しい』という愛があった証拠です。



少し前『そこに”愛”はあるんか?』というCMをよく目にしましたが、

僕たちの『そこ』、

『心』にはまちがいなく”愛”があったのです。


・・・だから痛みを感じるのです。






では僕たちは、

その愛している人に、大切に想う人に、

何を贈る事が出来るのだろう。

”最高の贈り物”とはどんなものなのだろう。



まずは、僕たちが贈られた時の事を思い出して見よう。

何を贈られて嬉しかったのか?

どんなものを与えられていたのか?



愛するパートナーが、

可愛い子供たちが、

大好きな人が、与えてくれていたものは、



お金? 成功? いい成績?? 優しさ? 笑顔?



もちろん色んなものを与えてもらっていたし、

贈ってもらって嬉しいものはたくさんありました。



でも、もう少し本当に大切なものに目を向けるため、

今度は、少し悲しかった出来事も思い出して見てください。



僕たちは人生で幾度も、愛する人を失う経験もしています。



別れ、喧嘩、死、離婚...



愛する人を失った時、

僕たちは本当にその人が与えてくれていたものを知りました。



それは...



誰よりも”仕事が出来る彼”だったのだろうか?

友人の彼よりも”かっこいい彼”だったのだろうか?

ほかのお父さんに比べて”よく笑うお父さん”だったのだろうか?

いつも”笑顔を見せてくれる子供”だったのだろうか?

”頭の良い子”だったから別れるのが辛かったの? etc.etc.



違う。



僕たちが与えられていたのは、

その人の”存在”だった。



仕事があまり出来なくても、

かっこ良くなくても、

ほとんど笑わなくても、

優しくなくても、出来が良くなくても、



僕たちが必要としていたのは、

喜びを与えてくれていたのは、

まぎれもなくその人の”存在”だった。



怒っていようが、泣いていようが、わがまま言っていても、

その人のあるがままの”存在”が、

僕たちの人生に与えられていた”最高の贈り物”だったのです。




その事を思い出せたなら、

今、僕たちが愛する人に”贈れるもの”が『何』なのかも見えてくるはず。



それはあなたという”存在”。

あるがままのあなたという”存在”が、

愛する人に贈る事の出来る”最高の贈り物”。



何も与えるものを持っていない。

何も自慢できるものを持っていない。

その人に喜んでもらえない。

楽しませる術もない。



今あなたはそう感じているかも知れない。

でも、それでいいです。



何もない。

必要とされていないかも知れない。

喜んでもらえないかも・・・



そう感じている”まま”で大丈夫。



ただ少しだけ”勇気”を持って見よう。

愛する人に近づく”勇気”を持って見よう。



『何もないかも知れないけれど、

わたし自身のすべてを与えよう』

それだけを思ってその人に近づいて見てください。



何を話すのか、何をするのか、

それはその時の自然な気持ちに任せて...



その人に近づいた時、

心の中のたくさんの誤解が溶けてしまうかも知れない。



この瞬間、この空間で、この世界で、

今その人と一緒に過ごせることに喜びを感じてください。



あなたの人生にとって、

愛するその人が”最高の贈り物”であるのと同じように、


あなたの愛する人にとっても、

あなたの存在が”最高の贈り物”なのです。








● 吉原直人のブログを毎週メルマガで配信しています!!

   読者登録はこちらから>>>

   「夫、妻、男、女のこころの仕組みを知りたいメルマガ」●読者登録


 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 電話カウンセリング>>>

 面談カウンセリング>>>


Posted by naoto_tanimura at 16:42