2018年05月21日

こころの救急箱 「 反応を変えて見る 」




僕が二十年近く愛読している本にこんな一説があります。



『人生に起こる出来事そのものには意味は無く常に中立である』

『そしてその出来事に私たち自身が意味を与えそれを受け取っている』



ちょっと難しい表現ですが、



要するに、僕たちが日々経験する出来事自体には、

良いとか悪いとか言う意味はなく、

僕たち自身がその出来事に対して、

悪い事だとか良い事だとか意味(判断)を与えていると言う事です。



要約してもなかなか分かりづらいですね(笑)


ちょっと例を出して考えて見ましょう。



例えば、


『財布を失くしてしまう』と言う出来事。


家に帰ってその事に気付いたら、

まず「最悪〜〜〜××$%&’><)’」って叫ぶだろうし、

叫ばなくても『最悪の事』が起こったと思うでしょ。普通。


でも本が言うには『財布を無くした事』に、

良いも悪いも意味はないのですよと言ってるわけです。



う〜んでもなかなか『良い事』が起こったとは思えないです。



でももしその後、


「あなたの財布を拾ってくれた人が今届けてくれていますよ」

って交番から連絡があって急いで行って見ると、

その親切な人は毎日同じ電車の車両に乗っている

とてもとても素敵な男性だったとしたら・・・


その後の展開次第では、

『財布を失くした』事は『最悪の事』ではなく、

『人生最高の出来事』になるかも知れませんよね。


そんな夢物語のような(笑)(笑)って思うかもしれませんが、

『引き寄せ』や『思考が現実を作る』も、

最近では『幸せになる口癖』もその事を伝えているのです。



* *



本当に、僕たちの現実は”意識が創造している”

としたら日々人生に起こる出来事に、

『どんな意味』を与えるのかがとてもとても重要な事になります。


素敵な男性が拾ってくれたから『最高の出来事』になったのではなくて、

『良い意味』を与えたから素敵な男性と出会う現実が創造された。

と言う事になるのです。



そう考えると少〜し恐い様な気にもなりませんか?



でもその本曰く、僕たちの住んでいる世界には時間が存在していて、

与えた意味が現実化するには時間の猶予(ロス)があると言うのです。



もしかしたら僕たちのこの人生とは、

僕たちが本当に欲しいものを創造出来る様になるための、

学校のようなものなのかも知れない。



ともあれ時間(ロス)があるのだとしたら、

意味を与え直す猶予が与えられていると言う事です。



自分の【反応】を意図的に変える事が出来るのです。



そうかも。って思っていても...



・豊かになると決めて取り組み始めた途端、

財布を落としてしまったら。


・旦那の事を受け入れる寛大な妻になろうと決めたのに、

「今日も遅くなる」って電話が掛かって来たら。


・海外旅行に行くために貯金しようって決めたのに、

パソコンが壊れて動かなくなったら。



僕たちはやっぱり『最悪×××』って思ってしまうわけです。



でも大丈夫!!



感じてしまう事は仕方がないです。

その時に今日の話を思い出してください。

【反応】し直す事が出来る事を思い出して欲しいのです。



○大きく深呼吸してもOK。

○瞑想してもOK。

○もう私には良い事しか起こらないと思い直してもOK。

○「ついてる」って言葉を繰り返してもOK。

○「ラッキー!!」って口に出してもOK。

○「これは最高の出来事に繋がっている」と自分に言い聞かしてもOK。



その時の自分に合った方法を使ってください。



はじめは上手く行かないかも知れません。

僕はある意味、これは練習だったり訓練だったりだと思っています。

懲りずにやり続けると身についてくるのです。




でもね・・・


【反応を変えること】ずっと続けているとね、

本当に人生が変わり始めてくるんですよ。本当に!





 〇 お知らせ 5/27大阪1DAYワークショップ>>> 

 〇 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>



Posted by naoto_tanimura at 19:06