2015年09月14日

こころの救急箱 「 決められない 」

●こころが持つ「決める」事のすごい力


さて、あなたは「何かを決める」と言う言葉を聞くと、どんな事を想像するでしょう。

とてつもない取り組みや、ものすごく難しい課題にあえて挑戦するとか、

また本当はそうしたくないのに、無理矢理それをする事を決めさせられるとか。



何かストイックだったり、すごく厳しさを感じて尻込みしてしまう・・・

そんな風に感じる人も少なくないのではないでしょうか。



確かに人生では、相当な覚悟のいる決断を迫られる瞬間もあります。

でも、私たちは毎日毎瞬、何かを決めて生きているとも言えます。



朝、起きたら今日はパンを食べて出かけよう。とか、

今日は少し寝坊しちゃったから、部屋の掃除は帰ってからやろう。も、

ちゃんと私たちは「決めて」前に進んでいるわけです。



大きな決断も小さな決断もありますが、

私たちは誰でも「決める力」を持っていて、

毎日使って生きていると言う事です。



そもそも「決める」って、心の中ではどんな作業をする事なのでしょう?

たくさある可能性、もしくは二つの可能性から、

何かをまたどちらかを選ぶ作業ではないでしょうか。



朝起きた時、

今日は朝食を「食べる」or「食べない」。

または「パン」or「ご飯」or「サラダだけ」etc.

複数ある選択肢から何かを選ぶ事、それが決めると言う事です。

「決める」とは「選択する」事だと思うんです。



ただ、何かを選ぶと言う事はそれ以外の選択肢や、

可能性を選ばないと言う事にもなります。

これが非常に難しい時があるわけです。



私に対して愛情がなくなった様に思う彼と、別れれるべきか、まだ頑張るべきか・・・

本当にやりたい事があるのだけれど、経済的な事を考えると今の仕事は辞められない。

パートナーに突然「離婚してほしい」と言われた・・・等々



「選べない」の時、私たちの苦悩の時間が始まります。


こんな時は「決める」事の効果や結果に目を向けて見ましょう。

前半の方でアンダーラインを引きましたが、

「決める」とはその場所から前に進んで行く。と言う事です。

今、滞っている人生の苦悩の場所から一歩前に歩き出す事なのです。



カウンセリングで、

「決める事が出来ず、あれだけ長い間苦しんで来たのに、

離婚を決めたら、本当にスっと楽になりました」

と言うお話を聴く瞬間を何度も経験しました。



また、

「取り合えず、相手がどんな状態でも、私がやれる事を全部やって、

悔いが残らない様に、もう一度夫と向き合おうと思うんです」



真逆の選択ですが、こうお話されている方からも、

スッキリ感、そして前に歩き出された力強さを感じます。



何を選ぶかが問題なのではなく、

「選ぶ」「決める」事で人生がまた前に動き出すのです。




少し別の観点からも「決める」事の効果を紹介しておきましょう。



風邪をひいて熱がでたり、歯が痛くなったりした時、

はじめは、時間もないし、邪魔くさいからと言って、

市販薬を飲んで様子を見たりする事ってありませんか?



「これで治ったらいいな」こんな気持ちです。



もちろんそれで良くなる場合もありますが、

何日か薬を飲んでも中々良くならない。



するとだんだん不安になって来ます。

熱は下がらないし、痛みはおさまらない・・・

苦痛や不安が長引いてくるとこころはある「決断」します。

「もう!明日仕事休んで、お医者様に行って、治してしまおう」



お医者様に行くのは大人になっても結構勇気がいるものです。

痛い事されたら嫌だし、もし自分が想像してる事とは違う事を言われたら・・・

それにやっぱりちょっと怖いし・・・。 だから時間がないんですよね(笑)



こころの中ではその症状を「治そう」と決めて、

その手段としてお医者様に行くわけです。

結果として症状は治るわけです。



こころはもう問題を解決しようって「決めてる」わけです。

だから結果として解決するのです。




何かを選べるようになるまでに時間が必要な事もたくさんあります。

また少ししんどいですが、その時間に学べる事もたくさんたくさんあります。



でも、もうそろそろ抜け出したいと思えた時、

どちらかを「選んで」下さい。



あなたが「決めた事」を、

人生も、宇宙も、神様も、必ず応援してくれますよ!!




○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ  毎日更新中! Foo-cen.com >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


Posted by naoto_tanimura at 09:57