2010年09月22日

恋の途中で   〜 本当に愛されていない? 受け取ること 〜

相手に”愛されている”と実感出来ること、感じられること、

恋愛やパートナーシップではとても大切なことですね。



相手に愛されていると感じられるほど豊かなことはないし、

相手から愛されていると感じられるほど幸せなことはないです。



でも、恋愛のはじめにはいっぱい”愛されている”と感じられたのに、

時間が経つにつれ、相手の愛情を疑って見たり、それほど私のことは愛していないのだろうと感じたり、

”愛が足りない”と感じることが増えて来たりします。

もしかするとパートナーシップで”愛されいる”と感じ続ける方が難しい事なのかも知れません。



その理由を聞いて見れば、



出会った頃は、毎日何回もメールがあったのに・・・

はじめの頃は、どんな予定よりも私と会うことを優先してくれていたのに・・・

何をするにも私の気持ちをまず聞いて大切にしてくれたのに・・・

それなのに今の彼は・・・

そんな風に”相手”が変わってしまったからと。



でも恋という感情は、時間が経つに変化していくものです。

出会った頃と比べたら自分自身の気持ちも多少は変化しているでしょう?



恋愛という二人の関係も、一人の人間の成長と同じように変化、成長していくものなのです。




それならば、この”愛されていない”という感じ・・・他には理由はないのでしょうか?




私たちは、恋した相手に”自分のすべて”を受け入れて愛して欲しいと言うニーズを抱きます。

自分自身でもあまり好きになれない面までも”すべて”を受け入れて欲しいのです。

 甘えたなところ。嫉妬深い面。気が強いところ。気が弱い一面。強がりなところ etc.

でも”ここ”が結構、難しいところなのです。自分自身で嫌っているところですから。




心理学に”投影”とい言葉があります。

これは自分自身の心の中の状態を周りの世界に文字通り”映し出して”感じるということです。

 自分の心の中に罪悪感があれば、周りの人も私を責めている様に感じるし、

 自分の心の中に無価値感があれば、周りの人も自分を必要にしているとは感じられない。



では、あなた自身が嫌っている面を、彼がどんな風に感じていると”あなたは”感じるのでしょう?

答えは、あなたが嫌っている様に、彼も私のそんなところを”愛してくれるはずながない”です。



でもそれは本当の相手の気持ちと一致しているのでしょうか?




想像して見てください。

今、僕に恋人が出来たとします。

そのどちらのこともよく知っている共通の友人であるあなた。

そのあなたに僕がこんなことを相談します。

「俺・・・ 最近、あいつの気持ちがよく解らない。本当に俺のことが好きなのかなぁ?

 俺は背も低いし、気の弱いところもあるし、別に人に勝っているところもないし、面白くもないし etc.etc.・・・」



もちろん僕の彼女も同じ様に感じていることがあるかも知れません。

が、もしその一面が僕と同じぐらい受け入れられないことだったら、すでに一緒に居ないと思いませんか?

彼女自身はそんなに取り立てて問題だと思わないから一緒に居るわけです。



そんな彼女の気持ちも知っているあなたは、

「そうやってうじうじしているところが彼女から嫌われるん違うか(怒)」って、

逆に怒るかも知れません(笑)



でも実は、そうやって自分の中の不安を誰かに相談して一喝してもらえる様な人ならばいいのですが、

愛されていないのかもという不安が大きくなり過ぎて、

また、そんな不安を自分が感じていることすら素直に認められなくて、

暴力に走ったり、浮気をしたり、いきなり別れを告げたり、

そう言うパターンを繰り返す人は思っているほど少なくないのです。



ほとんどの場合は、相手は自分が嫌っているところをそんなにも気にしていないし、

逆にそこに安心感を感じたり、魅力を感じていることも少なくありません。



でも、自分自身でも受け入れられないと感じている面を相手が受け入れてくれているとはなかなか感じられないのです。




ようするに私たちは、



相手が120%の愛情をこちらに向けていてくれても、自分のことを30%しか愛していないとしたら、

相手の愛情も30%しか受け取れていないということなのです。




もし今あなたが、このステージに居るのなら、課題は自分を許していくということです。



もともと僕たちの個性やいろいろな一面に良いも悪いもありません。

それは小さい頃にそう言った面を強く否定されたり、

もしくはそういうことで深く傷ついたり、

また、そのあなたが持っている個性で誰かを傷つけたとか苦しめたとか感じているのです。

だからあなたはその自分が受け入れられないのです。



でも、すべては経験から出来た”誤解”なのです。



私たちは、恋愛や結婚、また色んな人間関係や問題など、

人生でさまざまな出会いや出来事を経験します。

その経験は自分をより深く受け入れる機会でもあるのです。



自分のことを嫌って頑張ることは、大人に成長するための過程でもありました。

でも、嫌っていた自分を許し受け入れるということも、”成熟した大人”への進化なのです。




今あなたが愛する人の愛に不安を感じているならば、

まずあなた自身が、受け入れられない自分の面がないかを確かめて見てください。

そしてもし、自分の受け入れられない一面を見つけたのであれば、

今、あなたが過去の誤解を解いて自分自身を許し、

あなた自身がもっと自分を愛する様になる”機会”が与えられているのです。



今もう一度あなたが受け入れられないと感じているその自分を許してあげてください。

そして、あなたのそばにいるその彼にもその自分を愛させてあげてください。



あなたはあなたの大好きな人からの愛をあなたが許した分だけしか受け取れないでいるのです。

そして、あなたはあなたが許した分だけ、愛する人の愛を受け取ることが出来るのです。




○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ  毎日更新中! Foo-cen.com >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


Posted by naoto_tanimura at 23:58