2010年09月03日

深夜のらいらぁ〜ちっち

うちの家には7才の男の子と、

もうすぐ2才になる男の子がいます。



お兄ちゃんは今年から一年生、

夜も9時にはちゃんと寝ないといけません。



でも2才の男の子はまだまだ遊びたい盛り、なかなか眠りにつきません。

それでも9時になると、電気を消して無理やり消灯の時間です!



うちの寝室はお布団を、よこ、よこ、たて、

に三つくっつけて並べて寝るのですが、

2才の男の子は寝入るまでに、お母さんの上に乗ったり、

お兄ちゃんに抱きついたり、お父さんの頭に座ったり、暴れ回っています。



お母さんもお父さんも、子供たちが寝入ってから、

洗濯をしたり食器を洗ったりお仕事をしたりしないといけません。

お母さんは子供たちが寝てから、やっと夕食という日も多いのです。



毎日真っ暗な部屋の中で、じっと寝たふりをして、

2才のやんちゃ坊やが寝入るのじっと待っています。



最近、たくさんの言葉を覚え始めた坊やは、

寝たふりをした母や父にいろいろ話しかけたりします。

でも、安易に答えてはいけません。

もう子供は寝る時間ですから。



みんなが相手にしないと一人で唄を歌いだしたりもします。

 げんこつ山のたぬきたん〜 ぽっぱいもんで ねんねって〜♪

なんで揉んで寝るねん!と心の中でつっこんでも、

決して笑ったりしてはいけません。

もう10時近いですから。



笑いをこらえて息を潜めていると、しばらくして静寂が訪れました。

「やれやれ今日もやっと、寝てくれたか〜」と両親がほっとしかかったその時、

またまた真っ暗な部屋のどこかで、小さな男の子の声がします。

「らいら〜ちっち! らいらあ〜 ちっち! らいらあああ〜〜 ちっっちぃ!」



そっと暗闇の中に目を凝らすと、

2才の男の子はどこで覚えたのか、お兄ちゃんにライダーキックを浴びせています・・・

寝入りを襲われたお兄ちゃんも、父も母も、

小さな男の子の覚えたてのライダーキックには笑いが止まりません。



さてさて、もう一度気を取り直して消灯のやり直しです・・・



今年春から両親との同居がはじまり、

いろいろと慣れない気苦労が続く中、ほっとした幸せを与えてくれる時間なのかも知れません。




○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ  毎日更新中! Foo-cen.com >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>




Posted by naoto_tanimura at 23:23