2009年06月06日

こころの救急箱 「 成果が上がらない 」

新しい目標を決めて日々それに向かって努力していても、

なかなかその成果や結果が出ない時があります。



仕事の成果、勉強やスポーツに私たちは到達したい結果を出すために日々努力をします。

また、夫や子供たちに対してもっと穏やかで寛大な女性になろう。

妻の気持ちや感情に目を向けてもっと人を理解してあげられる人間になろう。

よりよくなるために、私たちは色んな目標を掲げて頑張ります。



でも、結果が伴なわなかったり、なかなかそうなれていない自分に気がついたりすると、

気分はど〜んと落ち込んでしまいます。



今の150%の成績を上げてる自分をイメージして頭に叩き込んだのにそうならない。

もっとチームに貢献出来る様に、毎晩一人で練習しているのになかなか活躍できない。

穏やかな女性になろうと決めたのに、気がついたらいつも家族にイライラしている。

もっと妻を大切にしようと決めたのに、喧嘩が減らない。



頑張っているのに結果が出ない。それはとても苦しいことです。

自分を責めてしまうでしょう。

そして心も萎えてしまうそうになります。




そんな時は、少し心の中を整理して見ることです。

「自分がもしその目標を達成したら、どうなると思っているのだろう?」

そんな問いかけを自分にして見てください。



もしももっと活躍できたら、良い人間関係が得られるだろう。

もしもそんな風になれたら、もっと良い夫婦になれるだろう。

もしもそんな自分になったら、家族円満になるだろう。



目標を達成したら、自分が得られると思っているものは、

どんなことなのか考えて見てください。



そしてその答えをもう少し掘り下げて見てください。

良い人間関係とは? 良い夫婦とは? 良い家族とは??

あなたにとってどんな状態なのだろう?

そしてあなたが本当に欲しいものは何だろう?



もしその答えが、

そんなすばらしい自分だったら妻に夫に、もっと大切にされるだろう。

そんなすばらしい自分だったら誰かにもっと愛されるだろう。



そんな答えが出て来たら、

あなたの「目標」は、どこかで「期待」にすり替わってしまっています。

「期待」とは「自分はこうあるべきだ」と考えることです。

またそうでないと愛されないとも感じています。



私たちは心の中に満たされない気持ちがある時、自分に「期待」をします。

そして自分に期待している時には、「もっと自分は愛されるべきだ」と、

周りの人に対しても、心の底で期待をしています。




少し嫌な気持ちに気付いたかも知れませんが、大丈夫ですここからもすぐ抜け出せます。



あなたが子供の時、算数のテストが70点だったのをお母さんが見て、

「あなたならもっといい点数が取れるはずでしょ(怒)」

って残念な顔を見せたとしたら、あなたは少し辛い気持ちになりました。

そして次はもっと良い点数を取らないといけない様な気持ちになりましたよね。



今度はあなたがお母さんになった時を想像して見てください。

可愛い子供が日に日に成長してく様を想像してください。



この前まで洋服も自分で脱ぐ事も出来なかったのに、今朝一人で着替が出来た時。

明日の学校の準備を、はじめて自分でランドセルに入れられた時。

いつも喧嘩している友達に今日学校で「ごめんねって言えたよ」って帰って来た時。



あなたはその子をぎゅっと抱きしめたくなるでしょ。

その時あなたの子供は、期待からではなく自分で次の目標に目を向けるのです。




もしあなたが今掲げている「目標」が「期待」に変わってる事を発見したら、

もう一度次のことに目を向けて下さい。



上手にパスを出せなくても、周りはそのあなたを仲間だと思っているのです。

いつも怒ってばっかりいても、あなたのそばにはいつも夫と子供がいます。

仕事が出来なくてもあなたのそばにはいつも妻がいるのです。

上手に恋ができなくても、あなたにはいつもあなたを想う仲間と家族がいるのです。



あなたは愛されているのです。

あなたは評価されているのです。

あなたは仲間として受け入れられているのです。

そう感じられないのは、

あなたが「こうでないと愛されない」と言う期待を持っているからです。



そしてあなたが今生きてこの文章を読んでいるのは、

あなたを誰かが愛し続けて来たからなのです。

何かが出来ても出来てなくてもあなたは愛されて来たのです。




「目標」それはあなたが愛されるために見つけるものではなく、

あなたが愛されているから向かう場所なのです。





○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ  毎日更新中! Foo-cen.com >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


Posted by naoto_tanimura at 11:17