2008年08月13日

「 SEXレスへの取り組み 」   恥ずかしいを感じて見よう

SEXレスで悩んでいる方の中には、

”恥ずかしい”と言う感情が夫婦の距離を縮める邪魔している事があります。



例えば、

「ご主人にもう少し甘えて見ましょう」とか、

「あなたの方から彼に近づいて見よう」と言う提案に、

必ず「それは無理です!」と反応されます。



また、自分の気持ちを相手に伝える事ですら、

無理だと感じている方も多いようです。



「無理」と感じる理由には、それぞれの経験や感情があるからなのですが、

心の中を探って見ると、恥ずかしいからと言う理由の方も少なくありません。



もちろん夫婦や男女の関係は、時間が経てば経つほど「恥ずかしさ」が出て来ます。



だけど

「それは恥ずかしくてちょっと・・・」と言う反応と、

「それは絶対無理!!」と言う反応では、

恥ずかしいという感情に対する気持ちが随分違っています。



「無理」という反応は、

私が恥ずかしい思いをするなんて絶対に嫌だということです。



心の中は、恥ずかしい=惨め、情けない、見っとも無い、負ける etc.

となっているのでしょう。



僕の経験だと、長女だったり長男だったり、

兄弟の上の方がこの感じ方は強い様に思います。



はじめての子供の方が、親の期待や不安が大きく、

いい子でなくてはならないだとか、優秀でなくてはならないと言うプレッシャーが大きかったのでしょう。




例えば思春期の時、誰でも異性を意識し始めます。

好きな異性の前で緊張したり、どきどきしたりする様になります。



この時代に、顔が赤くなる様な自分は恥だとか、

どぎまぎする様な自分はみっともないと感じていれば、

そんな自分を見られたくないし隠そうとします。



すると、好きな人に出来るだけ近づかない様してしまいます。

距離を作ってしまうわけです。



それに対して、恥ずかしいけれど普通じゃんって感じている子供は、

顔を真っ赤にしながらも、好きな人に近づいて行くでしょう。



恥ずかしさを”どう”とらえているかで好きな人との距離が違って来るのです。



同じ様に大人になっても”恥ずかしい”と言う気持ちを嫌っていればいるほど、

大切な人との距離も作ってしまいます。




僕たちの心に動く感情とはエネルギーなのです。

そしてそれぞれの感情(エネルギー)にはそれぞれの意味や力があります。



恥ずかしさという感情には、

人に親近感や親密感を感じさせる力が備わっています。



テレビのお笑いや、講演会の講演者が自分の失敗談や恥ずかしい話をすれば、

それを見ている僕たちは、その人に親近感を感じるでしょう。




本当は、恥ずかしさには人と人の距離を縮める力があるのです。




そしてもうひとつ恥ずかしさが持つ力とは、

ズバリ! あなたの魅力を引き出すエネルギーです。



テレビや雑誌で売れっ子の女性を思い出して見てください。

彼女たちは、いつも魅力的で美しく輝いています。

恥ずかしいという感情を楽しみながら、可愛さ、美しさ、魅力を溢れ出しているのです。



恥ずかしいという感情を楽しんでいる人は、

人の前に立ち、いつも魅力的で輝いています。



恥ずかしいという感情を嫌っている人は、人の前には立ちません。



恋に落ちた直後の女性は恥ずかしさをいっぱい感じていて、

彼の前でもすごくキュートで魅力的です。



恥ずかしいという感情は、あなたの魅力を引き出す鍵なのです。




もしあなたのパートナーが、最近、私に全然魅力を感じてないわ。って思うのなら、

あなたが恥ずかしさを嫌って、自分の魅力を封印していないか?確認して見てください。



”恥ずかしさ” それは大切な人との距離をぐっと縮める癒しの感情なのです。

”恥ずかしい” それはあなたの魅力を溢れ出させるエネルギーなのです。



もし、あなたが大切な人と恥ずかしくて距離を作っているのなら、

その恥ずかしさを”全身”で感じながら近づいて行って見て下さい。






○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ  毎日更新中! Foo-cen.com >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


Posted by naoto_tanimura at 17:34