2008年05月02日

「 SEXレスへの取り組み 」   求める側の苦しい心理

SEXレスという関係には、

求めても受け入れてもらえない側と、

求められるけれど拒んでしまう側が存在します。



お互いどちらの方も苦しさを感じているのですが、

自分が苦しい時には、相手の方の痛みは見えないものです。

まずはじめに、相手の気持ちを少しでも理解しようとする事が大切です。



今回は、求める側の方の心を少し深く探って見ましょう。




求められる側からすると、

「相手の希望に答えられない自分」をいつも責められている様に感じますが、

求めて止まない方にも、実は苦しい心理が存在しています。



求めても求めても与えてもらえない。それはとても辛い事です。

その状態がずっと続いているとしたら、

「それさえ与えてもらえればどんな事でも許せるのに」

と言う様な気持ちにまでなってしまいます。



そこには、すごく大きな欠乏感があるのです。



何かを感じたいのにまったくそれを感じる事ができない。

そして、何かを感じるがためにSEXを求めてしまう。



では、何が欠乏しいるのでしょう?

どんな事を感じたいのに感じられないでいるのでしょうか?



SEXによって感じられるものと言うと、



自分の全てを、 受け入れられてる 

           愛されている

           認めてもらえてる 


また、 二人が一緒にいてる
        
     愛を確認しあえる
      
     つながっている 

   
などこんな感情でしょうか。

夫婦でいる以上どれもとても大切な感覚です。



求めて止まない心の裏側には、

普段の二人の関係でこんな感覚が感じられないでいるのです。



自分が愛されてないのではないか? 受け入れてもらえてないのではないか?

相手の気持が離れているのではないか? 二人が一緒にいないのではないか?



心の奥で、こんな不安を抱え続けているのかも知れません。



表面的には、

「夫婦としてSEXがないっておかしいじゃないの(怒)」

「いつになったら私(俺)と向き合ってくれるの(怒)」

と言う様な怒りをぶつけたり、相手を責めていても、

求める側の心の奥は、不安や怖れでいっぱいになっているのです。



いつも、自分を責めて来る様に感じるパートナーの心が、

実は不安でいっぱいなのだと気付くことが出来れば、

今、相手のニーズに答えられないとしても、

その不安を少しでもぬぐってあげる事は出来るはずです。




また自分が求める側で、心の中が不安でいっぱいなのに気が付いたなら、

その不安がどこから来ているのか、じっくり見つめる事も出来ます。



少し、カウンセリングでの取り組みの話になってしまいますが、



僕達が、多大にパートナーを求めてしまう時、

その関係の前から存在する欠乏感や満たされない思いが、

影響している事が少なくありません。



たとえば、



「ずっと昔から、感じ続けている不安」や、

「ずっと以前から持ち続けている満たされない思い」 などです。



あくまでも一つの例ですが、



すごく厳しい家庭で育った人が小さい頃から、

「自分のことは自分でしなさい」

「人に甘える事は恥ずかしい事です」と甘えることを否定され続けたとすると、



心の中の”甘えたい”という気持ちは満たされないまま、

心のどこかに抑圧され続けて来ます。



すると心は”甘えたい”という感情が満たされないままの状態になります。



そんな抑圧された思いを、恋愛や夫婦の関係で、

「相手に埋めてもらいたい」と感じてしまう事は、恋愛関係では多いのです。



「親にもしてもらえなかった愛し方を彼がしてくれたから」

という理由で今のパートナーを選んだという人は多いはずです。



もちろんその理由で選ぶことが悪い事ではありません。

ただ、親に求める愛情をパートナーに求め続けていても、

満たされる事はなかなか難しい事なのです。




また昔の感情では無かったとしても、仕事や家庭そして社会の中で、

抑圧されている感情の場合もあります。

不安や怖れと言った感情を抑圧していると、大きなストレスとなります。



例えば、僕達男性はこの不安や怖れという感情がすごく苦手なのです。

”男は強くなくてはならない”と育った僕たち男性は、

自分が不安や怖れを感じているなんて自分では認められません。

すると、その不安を心の底の方に抑圧してしまいます。

不安や怖れという感情が、抑圧されたからって無くなるわけではありません。



子供たちは、心が不安や怖れでいっぱいになった時、

「ママ〜 ママ〜〜」と言ってママにしがみ付くでしょう??

それが出来なくなった大人は、誰かに電話したり、誰かにメールしたりして、

必ず誰かと”繋がろう”とします。



そうです。怖くて誰かに繋がっていたい。

こんな感情もSEXを求める気持ちの中に含まれる場合があるのです。

子供も大人も心の中の不安や怖れは、人と繋がる事で癒す事が出来るのです!!




もし、相手にその様な心の状態を見つける事が出来たら、

根っこにある感情を癒してあげる事が出来ます。



もし、自分にそんな痛みや満たされない思いがあるのなら、

その痛みを癒していけばよいのです。



そうすれば、苦しい感情やストレスを起している原因が解消した上で、

SEXはSEXとしてだけ求められる様になります。



何かを埋めるために人に求めると、

それを与えてもらえなかった時、僕たちはすごく傷ついてしまうのです。




くどい様ですが・・・

求める方も、拒絶する方も、どちらも悪いわけではありません。

その心の状態を癒して行けば良いのです。




そしてSEXとは、

「会話」や「お金」や「時間」と同じ様に、

二人が豊かさや愛情を分かち合うひとつの”ツール”なのです。



「お金」だったらたくさんあればあるほど良いですよね(笑)

二人で豊かに過ごせる「時間」もあればあるほど良いですよね(笑)



二人でその”ツール”をどんな風に使って豊かさを分かち合えるのか?

そして、愛という豊かさに満たされる関係を築くために、

少し自分の心の中を覗いて見て下さい。



そこには、SEXだけでなく、

あなたの人生をも変える”癒し”が存在しているはずです。






○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ  毎日更新中! Foo-cen.com >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


Posted by naoto_tanimura at 23:22