2018年08月

2018年08月27日

・・今、目の前からはじまる世界・・




『今、目の前からはじまる世界』






最近、繰り返し読んでいる本にこんな行がある。



『宇宙はひとりの人間にひとつ存在する』



えっ?



僕は、精神世界やチャネリングなどの本が好きだ。

心に向き合う本もそうだが、

優れた本は読む度に新しい発見や気付きが得られる。

またその時その時の自分に必要な知恵にも出会える。


だから気に入った本を僕は何十回と繰り返し読み込んでいる。

そんな僕が始めて知った?気付いた? 概念だった。



え? 人の数だけ宇宙ってあんのん!すごいやん!!



宇宙のしくみを解いたり、無限の宇宙を語る一説を読む度に、

僕の意識ははるかな宇宙へと広がっていく。



そして心の中を満たしていた悩みも小さくもしてくれるが、

でも同時に、宇宙はあまりにも広大過ぎて、

自分が宇宙の端っこにいる小さな塵の様に感じてしまう時もある。



もう一昔前に「世界の中心で、愛をせけぶ」と言う映画がブームになったが、

その時、世界の中心ってどこ?との問いに、

もちろんそれは”あなた”じゃん。

という答えを、頭では真理だと思っていたが、心ではやっぱりそう感じ切れずにいた。



でも宇宙は人の数だけ存在する。

その考えは僕を宇宙の中心へと戻してくれるだけの力を持っていた。



* *



今、僕たちの住んでいる世界は、

誰でも世界の中心になれる可能性を秘めている。

少し以前であれば、政治、文化、芸能、ファッション、流行、芸術 etc.

文字通り「世界の中心」になるには今より多くのプロセスが必要だっただろう。



でも今はインターネットやSNSを使って、誰でも自分を発信出来る。

それは何十年も前からスピリチュアルな存在が、

僕たちに語り続けてきた世界に近づいている様に思う。



ただその一方で、世界の中心から外れている。

世界から取り残されている。

自分だけがその世界に属していない。

そんな感覚もより簡単に経験してしまう様にもなったのではないだろうか。



その時、

『宇宙はひとりの人間にひとつ存在する』



この考え方は僕たちの意識をもう一度、

自分が本当に住んでいる世界に引き戻してくれる。




僕にも、あなたにも、周りの人にも、

それぞれの宇宙があり、それぞれがその人を中心に広がっている。

そしていくつも存在する宇宙が交差したり、重なっている場所がある。



すると、



あなたが世界の中心の様に見ているその場所は、

あなたの宇宙の中心ではなく、

あなたから広がる宇宙がほかの宇宙と重なる場所、

もしくはあなたの一部を映しだしている場所なのだ。



だとすれば、



僕たちは周りの世界やほかの宇宙で何が起こっていても、

自分から広がる自分の宇宙にさえ責任を持てば良いという事になる。



大きなひとつの宇宙に、僕たちがすべて含まれている。

と考えると、自分の願いや人生に対する注文も、

そのすべてを含む大きな宇宙に届かないと叶わないということになる。

でもこれからは自分の宇宙にさえ願いが届けばいいことになる。



あなたの周りの世界に何が映し出されていようが、

あなたの周りにどれだけ広大な宇宙が広がって見えても、

その中心はいつもあなた。



* *



今もう一度あなたから広がっている世界をじっくり見てみよう。



今あなたの目の前に広がる世界、

あなたが居る部屋、目に映るすべての物、

あなたが手にする携帯から広がっている世界、

そのすべてがあなたを中心に広がっている。



目を閉じて意識を広げると、

あなたは気付いてないかも知れないけれど、あなたを愛している人。

あなたを応援してくれている人。

あなたを信頼してくれている人。

あなたを見てくれている人がいる。



あなたが今許せないと感じているかも知れないけれど、

あなたが愛した人。

あなたと出会ってともに生きて来た人。



当たり前の様に感じていることも多いけれど、

あなたのそばにいる人。

今あなたの人生に居てくれている人。



皆、あなたを中心に広がる世界にいる人たち。




そしてあなたの宇宙は、

成功でも、しあわせも、豊かさも、喜びも、楽しみも、華やかさも、

あなた自身の好きな色に今これから創造していける。



今まわりに何が見えていても、

あなたの暮らす世界の、あなたの宇宙の中心は、あなたなのだから。

そしてその世界はいつも今ここから始まっている。





● 吉原直人のブログを毎週メルマガで配信しています!!

   読者登録はこちらから>>>

   「夫、妻、男、女のこころの仕組みを知りたいメルマガ」●読者登録


 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 電話カウンセリング>>>

 面談カウンセリング>>>


2018年08月14日

カウンセリングケア 「 考えない 」というテーマ


■ カウンセリング ケア ■

 このコーナーでは、カウンセリングを受けて頂いている皆様へ、

 カウンセリングで使っている言葉の説明や、その取り組みのプロセス、

 また、僕が日々気づいたことなどを中心にお伝えしていきたいと思っております。

 日々の生活でのヒントや、皆様の心のケアに役立てて頂ければ幸いです。


-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --



『考えない』というテーマ



はじめてカウンセリングを受けて下さった時、

「目から鱗です」とか、

「長い間ずっと悩んでいた事が腑に落ちました」と、

今までした事のなかった物事の捉え方や考え方に驚かれたり、

またすごく興味を持って話を聞いて心についても真剣に考えてくださいます。



実際にカウンセリングでは、

普段の生活であまり話したりしない様な物の見方をよくします。



例えば、

夫婦問題を解決するために、子供の頃の両親との心の距離を見つめ直したり。

夫の浮気をなんとかするために、自分自身が禁止して来た事に目を向けたり。

別れたいと言う相手の気持ちを変えるために、自分の罪悪感に取り組んだり。

一生のパートナーと出会うために、自分の性を許しましょう。だったり etc.



ここで書きあげて見ると「うん??」と思うかも知れませんが、

その人その人のお話をじっくりと聴いていくと、

その人ならではの”心もよう”が見えて来ます。



そして夫婦の問題でも、

上手く行かない人生の問題でも、

その問題を創り出している核心にたどりつくと、心は妙に納得がいくもので、

「眼から鱗」とか「腑に落ちた」という言葉になるのだと思います。



そして自分の心の中にある


・罪悪感を手放したり、

・無価値感を癒したり、

・女性性を受け入れたり、

・執着を手放したり、

・誰かを許したり、

・自分をもっともっと愛すること。


などなどに、取り組んでいく事が出来るのです。


だから心の中に目を向けて、

今起こっている出来事の核心にある問題を『考えること』は、

とてもパワフルな問題の解決方法となるのです。




でも...時々




僕はあえて『考えないこと』と言うテーマや宿題を、

お伝えする事があります。



とくに長年カウンセリングを続けてくださっている方は、

一生懸命心に向き合って下さって来たし、

またたくさんの本を読まれたり、セミナーに参加されたりして、

色んなことを学んで来られた人も多く、



ご自身で何が問題なのか、何を癒すべきなのか、

気付かれている方も多いです。

また一生懸命『考えて』来られました。



心について『考える』ことは、

問題の核心を見つけたり、問題を早く解決する方法として、

すごく大切な事だという事は先ほども書いた通りですが、

時には『考える』ことを止めた方が前に進める時もあります。




〇そのひとつは、感じない様にしている時です。



『思考』している時『感情』を感じないで居られるのです。

感じる事が怖くて一生懸命考えている事もあります。

でも考えるよりも何か感じる事が癒しに繋がる事も多いです。



何か感じることを避けていらっしゃるなあと思う時、

いろいろ『考えないこと』を宿題とする事があります。




〇もうひとつも、心の中に潜む怖れが関わる事なのですが、



いろんな事にたくさん取り組んで来て、

もう幸せを受け取ってもいいのに、

まだ問題を見つけようとしてしまう心理が働いている時です。



不思議な事なのですが、

僕たちの心は幸せになれない事を怖れますが、

同時に幸せになってしまう事も心のどこかで怖れています。



『はい、あなたはすべての課題は今クリアーしました。

今もうこの瞬間にあなたが願う全ての幸せを受け取っていいのですよ』



と神様が言ったら、飛び跳ねるくらい嬉しい事です。



でも長い長い間、ずっとずっとずっと願い、

そのために一生懸命努力して来た幸せが、

今、目の前に差し出せれているのです。

心のどこかで躊躇したり少し怖くなったりしませんか?



そうなんです。

僕たちはこの怖れを感じた時、

何かうまく行かない問題を見つけようとしたり、

物事をコントロールしようとしてしまいます。



また『考え』はじめるんですね。



この時も僕は『考えないこと』を宿題とします。

『もうわたしは幸せになってもいいんだ』と

自分自身に言い聞かせて、何が起こるのか確かめてください。

と伝えます。




* *




僕の文章を読み続けて下さっている方、


また今日この文章に何かの拍子で辿り着いた方、


今あなたのテーマは『考えないこと』かも知れません。


もう何も考えないで、今覚悟を決めて、


あなたに近づいている幸せと成功を受け取りましょう。






● 吉原直人のブログを毎週メルマガで配信しています!!

   読者登録はこちらから>>>

   「夫、妻、男、女のこころの仕組みを知りたいメルマガ」●読者登録


 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 電話カウンセリング>>>

 面談カウンセリング>>>



2018年08月06日

「 感情を手放す方法 」


最近、

感情の『ゴミ出し』をしましょうとか、

感情を『吐き出そう』『書き出そう』『手放そう』という話を、

特によくしている様な気がするので、

今回は感情を『手放す方法』をひとつ紹介したいと思います。



* *



感情の『吐き出し方』や感情についてのレクチャー、

またなぜ感情を感じたり吐き出した方が良いかについては、

以前にも書いている文章があるのでよろしければ参考にしてください。


カウンセリングケア「感情を吐き出す?」>>>

http://naoto.livedoor.biz/archives/52397815.html



* *



今回は感情を『手放す』ことがテーマなのですが、

感情を手放しておいた方がいい時ってどんな時でしょう?



・ある人に対して心の中にいろんな感情を抱えてしまっていて、

顔を合わすのも嫌だったり、怖かったり、避けたかったりする様な時。


・相手が、仕事の大きな取引先の人だったり、

また職場の人や仲間など毎日顔を合わす人であっても、

その人に会う事にすごく緊張してしまう様な時。


・パートナーや彼氏彼女に対して、今少し距離があり、

相手にいつか怒りをぶつけてしまいそうに思えたり、

このままだと関係性が悪くなってしまう様に感じる時。



など、あなたにとって大切な人なのに、

その人に対して何かネガティブな感情を抱えている時には、

自分の感情を吐き出したり手放しておく事が、

その人との関係を良好にしたり、

その人との新しい関係を作るためにすごく有効な方法です。



また、特に対象になる相手があるわけではないけれど、

最近なんだかしんどい、とても苦しいと感じる時も、

感情を感じて手放すと心が楽になることがあります。



これは、心は感情を”感じる”から苦しいのではなく、

実際にある感情なのに”感じまい”と頑張ったり、

感情を”否定している”時に苦しくなるからです。



そして感情を手放そうとする時には、

自分が何を感じているのか?

本当はどんな気持ちでいっぱいなのか?

素直に、正直になる事がすごく大事です。



自立している人や、

自分を強く律している人はとくに、

自分が何かを恐がっていたり、ずっと寂しさを抱えていた事など、

知らなかったり、また認めたくなかったりもします。



心の中に持っていて恥ずかしい感情や弱い感情などありません。

怒りでも寂しさでも悲しみでも罪悪感でも怖れでも、

自分が感じている感情をまずは知ろうとしてください。





では、実際に感情を手放していきましょう。





【感情を手放す】 

〜イメージワーク〜





ゆっくりと座り深呼吸をしてください。

深く息を吸って、吐き出す時に体の力も一緒に抜けていきます。


息を吐き出すたびに体の色んなところの力も抜けていきます。

肩の緊張が抜け、腕が自然に重く感じて、足や腰の力も抜けていきます。



身体も心もどんどんリラックスしていきます。

こころにもからだにも気持ちよさが広がっていきます。




では今、あなたがキラキラと白く輝く、

きれいな砂浜に立っているところをイメージしてください。


目の前には穏やかで平和な海が遠くの方まで広がっています。

服を脱いで浅瀬に座り、海の水のやさしい波にからだを委ねて見てください。


頭の上を見上げると深く青い空が広がり、無限の宇宙に繋がっていることが感じられます。

この世界に神様が存在がするということを、心が信じるのを許してあげてください。




では私の心の中にある感情を認め、そして手放して行きましょう。




私の中の怒りを認めて下さい。

そしてもうこの怒りはいらない。そう言ってください。

私の中から怒りという塊が飛び出して大空に發吸い込まれていくのを見て下さい。

怒りの塊は遠くに遠くに、そして小さく小さくなって、

やがて神様の手の中で消えてなくなってしまいます。



清らかで透き通った海の水が私の中に入ってくるのを感じてください。

そして私の心の中にある罪悪感という黒い塊を溶かしていきます。

黒くなった水は私の中からしみ出して、広大な海に薄まりやがて透明に戻っていきます。

私の中の黒い塊がどんどん溶かされ小さくなっていくのを感じてください。



今度は私の中にある心配や不安そしてすべての怖れを固めて大きな塊にしてください。

それを両手で抱えて神様に差し出してください。

私はもうこの怖れはいらない、私はこの怖れにもう惑わされない。

そう神様に伝えて下さい。

神様はその大きな指でその怖れの塊をつまみ取って

神様の手のひらの中でぼっと小さく燃えてなくなってしまいます。

神様がこちらを見てやさしく微笑んでいるのを感じてください。



優しく温かい水が私の全身に沁み込んで来ます。

その温かさは女神さまの手の様に、私の中にある寂しさを抱きしめてくれます。

そして女神さまの手は私から悲しみを取り去り持っていってくれます。




私はすべてを手放し、私の心の中は穏やかで今平和で満ち溢れています。




* * *




感情を手放すこと、

それは日常生活で溜まったゴミやいらないものを手放す作業に似ている様に思います。

いらない感情を手放すことを日々の日課にして見てください。







● 吉原直人のブログを毎週メルマガで配信しています!!

   読者登録はこちらから>>>

   「夫、妻、男、女のこころの仕組みを知りたいメルマガ」●読者登録


 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 電話カウンセリング>>>

 面談カウンセリング>>>