2018年04月

2018年04月30日

「周りの世界が気に入らなかったら」


『 周りの世界が気に入らなかったら

  自分が自分自身の扱いを変えて見る 』




これも心理学や精神世界ではよく使う発想です。




周りにいつも自分を攻撃して来る人が居たり、

自分のことを理不尽に扱う人が存在したり、軽んじたり、

またパートナーが浮気をしたり、

自分のことをないがしろにしている様に思う時。



堂々と相手に詰め寄り喧嘩でも出来たら、

自分を不当に扱う相手の行動を止めさせられるかも知れない。



でも、相手が上司だったり、職場で影響力のある先輩だったり、

また夫婦でも、今すぐその関係性を解消出来ない様な関係だと、

変に関係性がこじれてしまう事を考えてなかなか相手に言えない。



現実にはその方が多いのではないでしょうか。



口に出せないけれど、心の中には、相手に対する怒りが溜まってくるし、

悲しさや悔しさもいっぱいです。

言い返さない自分を責めてしまう気持ちやみじめさも etc.



心の中にあまり感情を溜め込み過ぎると、

その感情を感じさせる相手が居る場所に、

行く事すら出来なくなってしまいます。


まず、気持ちを誰かに聞いてもらったり、

紙に書き綴ったりして、感情を吐き出す事を常に心がけましょう。




そして、心のケアをしながら、自分の心の中に目を向けて見ます。

自分自身は”自分”と言う存在をどう扱っているのか確かめます。



○自分自身は、自分のことを攻撃してはいないだろうか?


「仕事が出来ない」と責めていないだろうか?

「物覚えが良くない」と、

「手が遅い」と、心のどこかで出来ない自分を責めていないだろうか?



○自分に理不尽な要求をしたり、自分の気持ちを軽んじたりしてないだろうか?


疲れているのに次から次へとやる事を見つけたり、

いつも我慢ばかりをさせていたり、

自分の喜びや楽しさより、人の望みばかりを優先していないだろうか?



○パートナーに愛される事より前に、


自分のことを唯一の存在として愛せているだろうか?

誰かに愛される存在だとが心の底から思えているだろうか?




正直になって見てください。




自分が、自分自身をちゃんと大切に扱っているでしょうか?

もし、今あなたを悩ましているその人と同じ様に、

自分自身を攻撃していたり、理不尽に扱ったり、軽んじたり、

している事に気付けば、まずそこから変えていきましょう。




僕たちは”心の中にあるもの”創造しています。


心の中にあるものを”引き寄せている”と考える事も出来るでしょう。


また逆な言い方をすれば、心の中に無いものは経験出来ません。


あなたのことを本当に大切に想う気持ちを誰かが持っていてくれても、


あなたが愛するに値する存在だと感じていなければ、その愛に気付けないのです。




もしあなた自身が自分を攻撃している事に気付いたら、

今、もう自分を攻める事はやめようと決めてください。

明日から何度も自分を攻撃している自分に気付くかも知れない。

でもその度に「もう攻撃する事はやめよう」と繰り返すのです。



もしあなたがいつも自分を後回しにしている事に気付いたら、

気付く度に、自分の本当の気持ちに耳を傾けてください。

ただ聴いてあげるだけでもいいのです。

自分の本当の気持ちをまずあなたが知ってあげるのです。



もしあなたが自分のことを愛されるに値しないと感じているのなら、

まずあなたが誰よりも自分を愛してあげよう。

自分を一番にしてあげるのです。



あなたが今もし壊れかけたもので我慢しているのなら、

あなたにふさわしい新しいものを買ってあげよう。

あなたに美味しいものを食べさせてあげよう。

やりたい事をやらさせてあげよう。

わくわくする事をさせてあげよう。




あなたがあなたの扱いを変えた時、

あなたを悩ますその人はあなたの人生にもう必要無くなります。

あなたの人生から居なくなるか、その人が変わってしまうでしょう。


あなたがあなたを愛した時、

大切な人があなたのことを心から愛してくれている事に、

気付く事が出来るかもしれない。


あなたがあなたを愛する時、

あなたの世界には愛しか見えなくなるでしょう。





 〇 お知らせ 5/27大阪1DAYワークショップ>>> 

 〇 Foo−cen トップページ>>>   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>


2018年04月23日

ときどきポエム   〜 自分を愛することからはじまる 〜

f522248e173105bd37b7a05fb1a1ee40



こんなに太ってる自分は好きになれない。

何の取り柄も無い自分など愛せない。

人と上手く付き合えない自分はダメな人間だ。




自分を愛せない理由に目を向ければ限りがない。





「こんな事をして意味があるの」

「結局何をやっても自分を好きにはなれない」

「馬鹿らしくて」etc.




知っていた?

『自分を愛している』と言葉を繰り返す事を、

止めてしまうのは”心の抵抗”だった。




いつからか僕たちは自分を愛せない存在だと思い込んだ。




大切な人に見捨てられたと感じた時、

自分が愛してもらえないと感じた時、

愛している人を自分が喜ばせてあげられないと思った時、




僕たちは酷く傷ついた。

そして自分を嫌い始めた。




でもそれは、

自分が欠けていたからだろうか?

自分に何か足りないところがあったからなのだろうか?

本当に自分が愛するに値しなかったからだろうか?




いや違う、

僕たちが愛して欲しいと願ったその人は神様ではなかったんだ。





人生で色んな悩みに出くわした時、

自分自身と向き合う時が必ず来る。




誰かのことを許そうとする事、

誰かを受け入れようとする事、

その人の価値を見ようとする時、

その人の気持ちを知ろうとする時、




それは、結局すべて自分を愛することを学んでいる。




幸せになること。

成功すること。

豊かになること。

喜びに満たされること。




すべて自分を愛することから始まって行く。




僕たちはいつも自分のことを誰かと比較する。

でももし神様がひとつの経験だけを求めていたのなら、

この世に人は一人だけいれば十分だった。

この世界にひとりとして同じ人はいない。




もう一度自分のことを愛そう。

自分を否定するどんな言葉にも騙されないで。



自分をすべて受け入れて見よう。

自分のすべてを愛した時、

周りに広がる世界がどんな風に見えるのか確かめよう。



明日嫌いな自分に出くわすかも知れない。

でもそしたらまた『愛している』と言い続ければいい。



一生かかるかも知れない。

でもそれだけ壮大な意味がある。



『自分を愛している』すべての答えがそこにある。



 


 〇 関連記事  こころの救急箱 「 生きることだけ決める 」>>>

 〇 吉原のホームページ>>>Foo−cen  『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>


2018年04月16日

「大事にされていないと思う時」




「 大事にされていないと思う時 」



自分が周りの人から、

大切にされていないなあと感じてしまったり、

あまり価値を見てもらえてない様に思ったり、

また自分のやりたい事を否定されている様に感じる時ってあります。





例えば、誰かに送ったメールの返信が、

なかなか返って来なかったりすると、

相手の気持ちを色々想像してしまいます。


忙しくて返信出来ないだけなのかなあ、でももしかしたら、

怒らせたり困らせたりする事を書いてしまったのかなあ。etc.


カウンセリングでも、

友達や彼からのメールの返信が返って来なくて、

しんどくなってしまうと言う話をよく耳にします。



実際にその人と会っている時には、

言葉以外にも表情や態度などで相手の気持ちは、

だいたい伝わって来るものです。


電話でも、声のトーンや空気で伝わって来るのですが、

メールってどうも気持ちや感情がうまく伝わりにくい様に思います。


相手を知る情報が少ない分、こちらで相手の気持ちを、

勝手に想像するしかなくなるのです。



でも・・・



この時、自分の『 心の中にあるもの 』を、

もろに経験している時があります。


心理学で言う『 投影 』です。


この考え方は色んな目的や意味で使いますがシンプルに言うと、

『 自分の心の中にあるものを相手に映し出す 』ことです。




相手がどう感じているのか?


時間がないのか、

ムカついて返事をしないのか、

忘れているのか、真実は分からないです。


本当は、きちんとした返事を書きたいので、

後で時間のある時にゆっくり送ろう。

と、大切にしてくれている事も案外多いのです。



でもこちらはこちらで、この”無言の時間”を勝手に体験します。



この時の反応をちょっと想像して見てくださいね。



Aさん:「信じられへん(怒)一言でも返信する時間もないのっ!」


Bさん:「たぶん、何か忙しくしてるんだろうなあ、少し待って見よう」



AさんとBさんの心の中にあるものはあきらかに違います。



Aさんは、メールを送った相手が自分の事をそれほど大切にしてない様に感じています。

Bさんは、相手が自分をどう感じているかより、相手の状況に目が向いています。



くどい様ですが相手が本当はどう感じているかは分からないのです。

でも心の中で『 自分はそれほど優先されるに値しない 』と感じていると、

相手の人が『 そう 』感じていると思ってしまうのです。



Aさんはなかなか返事のない相手の気持ちを想像して、

自分の事をないがしろにしていたり、大切に思っていないと感じて怒ったのです。


でも本当に『 大切に扱われるはずはない 』と感じているのは、Aさん自身なのです。





この心の仕組みを知っていると色んな事に使えます。



今取り上げたメールのやり取りで、相手に見える気持ちは、

もしかしたら自分自身で感じている事かも?と思えたら、

相手の気持ちを想像して振り回される事も少なくなるでしょう。



夫婦や仕事の大切なパートナーとの関係で少し距離が出来た時、

きっと相手は私の事を○○の様にしか思ってない。


と感じてしまうのは、


自分が自分の事を○○と思っているから、

そう感じてしまうのかも知れないと気付けたら、

相手とその事についてコミュニケートする事も出来ます。


すると距離が出来てしまった”相手の方の原因”は、

遠慮だったり、どうしていいか分からない。

という気持ちだったりする事に気付く事が出来るかも知れない。



自分が何かを表現したり、意見を言ったり、

自分の本当にやりたい事を語った時、


誰かが、

『 大した出来じゃないな 』とか、

『 取るに足りない意見 』だとか、

『 そんなの叶わない夢だよ 』と言っている様に感じるのなら、

その言葉を本当に自分に吐いているのは、誰なんだろう?

と投げかけて見て下さい。


そうしたら本当に幸せにになるために、本当に成功するために、

何を変えないといけないのかが見えて来るのではないでしょうか。





大切にされている人は、まず自分を大切にしています。

愛されている人は、まず自分を愛する事を実践しています。

素晴らしいと評価されてる人は、まず自分の事を自分が承認したでしょう。

夢を叶えた人は、自分の夢を、やりたい事をまず自分が信じたのです。



自分が大切にされてない様に感じる時、

あなたのしている事、あなたの選んだ事、あなたの夢、あなた自身を、

あなた自身が評まず評価し承認し信頼してあげる時なのです。







 〇 吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!


 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>


2018年04月12日

5/27(日)大阪1DAYワークショップ開催のお知らせ

4803b9982c1a60f99b3cecca87530b7b2018年 5月27日(日) 

大阪1DAYワークショップのご案内


●当日スケジュール、詳細、申込みはこちらから>>>





こんにちはFoo-cenの吉原です。

いつもブログを読んでいただき誠にありがとうございます。

さて、5/27(日)に大阪で1DAYワークショプを開催します。



ワークショップでは、

日頃カウンセリングやブログで、理解を深めて頂いている心のしくみや

感情を実際に経験して頂きます。



自分をもっと愛すること、自分を受け入れること、誰かを許すこと、何かを手放すことetc.

人生がもっとよくなる方法を頭では解っているのだけれど、

実際にどうすれば良いかわからないと感じている方に、

理屈ではなく心で感じ取って経験してもらえるセミナーです。



〇 結果を早く手にしたい。

〇 今大きな変化を経験したい。

〇 深い癒しを経験したい。

〇 自分の心や相手の心理をもっとよく知りたい。

〇 自分のことをもっともっと好きになりたい。


そんな方に大きな効果を実感していただけると思います。




今回は友人で女性セラピストとして活躍されている

西田夕伎栄 さんと一緒にワークを進めていきます。




ワークショップは、

当日参加いただいた方々のお話を伺いながら、

その場でセミナーを一緒に作っていきますので、

あらかじめ何をするのか決めておりませんが、

よりよいパートナーシップを手に出来る予感がします。



ふたりで【 信 頼 】というテーマを決めました。


相手を『 信 頼 』しようとする気持ち、

また自分自身や自分の人生を『 信 頼 』することが出来れば、

もっともっと安心できる豊かな関係が築けると考えます。



● 夫婦の関係を今もう一度豊かにしたい方。

● これから真実のパートナーを真剣に見つけようとされてる方。




ぜひご参加をお待ちしております。

尚、今回のワークショップは温かく安心できる家族の様な雰囲気で進めたいと思い、

少人数で開催します。お早めの申込みをお願いします。 吉原



●当日スケジュール、詳細、申込みはこちら>>>


naoto_tanimura at 19:32|Permalinkclip!◇ お知らせ ◇ 

2018年04月09日

離婚カウンセリング 「 別れてもいいねんで 」





「別れてもいいねんで」




言葉って不思議です。

前後の会話や脈絡、また「音」から「言葉」だけを切り離して書くと、

いろいろな意味を想像する事が出来ます。


今この文章を書いている僕でさえ、

この「題」だけを読むと、

これから書きたい意味とは別な、いろんな場面が頭に浮かんで来ます。



例えば、

自分が、愛想を尽かした相手に言い放った言葉。


逆に、

堪忍袋の緒を切らした相手から、少し脅迫されている様な場面。


また、

大阪の歌の歌詞に出てくる様な、

夢を追い続ける男の背中を押す愛の言葉。いいですね(笑)



ほかにもたくさんその場面は想像出来ます。



でも僕が今日提案したいのは、

相手に伝える言葉ではなく、

自分に言ってあげる「別れてもいいねんで」です。


ちょっと関西風の表現でしっくり来なければ、

「別れてもいいのよ」だったり「別れることもOK」と言う風に、

自分に受け入れやすい言葉に置き換えて下さい。



* *



そもそも僕たちが悩み苦しんでいる時って、

自分に選択肢が与えられていない状態が多いのです。



別れたいと言い出した夫、

 でも子供も小さいし、今どうしても家庭を壊す事は出来ない。


自分の事ばかりで、まったく家庭や私を顧みない旦那...

 どれでけ寂しい思いをしても、離婚だけはありえない。


ほかにも、経済的な問題、相手の言動、浮気などで、

傷ついたり、寂しかったり、悔しかったり、

毎日不安でいっぱいだったり、夜眠る事も出来なかったり。


それでも頑張っている時と言うのは、

相手やその状況を、無理やり自分に受け入れさせているのです。



別れたくないと言う気持ちも含めて、

別れられない理由を探せばたくさん見つけられます。


 今も辛いけれど、独りになる事も不安。


 これだけ離婚が増えても、自分が離婚する事は許せない。


 子供の事を考えると...


どんな理由であったとしても、

別れる事が出来ないと考えている時には、

自分にそれしか選択肢を与えていません。

するとどれだけ辛くとも”受け入れるしかない”状態なのです。


それは心にとって本当に苦しい事でしょう。

自分自身に対する虐待と言っても過言ではないかも知れない。



そんな時、

出来る、出来ない、したい、したくない、

すべての事を横に置いておいて、


言ってあげて欲しいのです。


自分に。


「別れてもいいねんで」と。



* *



誰かを愛する事、

誰かと一緒に居る事、

誰かと共に何かをする事、

それはすべて僕たちの選択なのです。


選択であるならば、


その人を愛さない事、

その人と一緒に居ない事、

その人と共に何もしない事、

その選択肢があって成り立っています。



まずはあなた自身が、自分にもしくは自分の”こころ”に、

『一緒に居る事』

『一緒に居ない事』

そのふたつの選択肢を与えてあげて下さい。



『別れる』と言う選択肢を自分に与えた時、



別れる事がそれほど難しくない事に気付けるかも知れない。

絶対に許されない事ではない事に気付けるかも知れない。


そして実際に別々の人生を歩む事で、

本当に自分がやりたたかった事を手にして、

輝いて行かれる方もたくさんいるのです。



また心に両方の選択肢を与えたうえで、


今、現実的にどうしても別れられない状況だったり、

別れたくないのだったら、

どうしたら一緒に居られるかに取り組めば良いのです。


傷いた原因は相手にありますが、

傷ついてしまう要因は私の心の中にもあります。


今の関係性を創り出してしまった心の仕組みに、

目を向ける事も出来るでしょう。




今までの生活やパートナーを手放し、

新しい人生に踏み出す事はすごく勇気のいる前向きな選択です。


また、今日もう一緒に居ないことを選ぶ事が出来る相手と、

もう一度一緒に居ようとする事も素晴らしい愛の選択です。



どちらの道を選んだとして、

成功する事も幸せになる事も出来るのです。




だから心がいっぱいになった時、

まずあなた自身が自分に、

その両方どちらを選んでもいい事を許してあげてください。


あなたはあなたが思っているよりももっと自由です。


そして自由なあなたが何かを選ぶからこそ、

そこに愛があるのです。





 〇 関連記事  離婚カウンセリング>>>

 〇 吉原のホームページ>>>Foo−cen  『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>