2018年02月

2018年02月26日

「 生きる 」ことだけ決める



「生きる」とだけ決める。

それだけで人生が展開していく事がある。






自分が最も大切だと感じていたものを失ったり、

将来にまったく希望を感じる事が出来なくなったり、

何をして良いのか解らなくなったり、

誰の人生にもそんな瞬間がある様に思う。



僕たちは普段、意識しているかどうかは別として、

何かのために、誰かのために、実現したい夢のために etc.

何か目的のために生きているのだと思う。



でもそれが無くなってしまったら...



『何のために生きているんだろう』

と感じてしまっても不思議ではないし、

『死んでしまいたい』 そう感じる事もある。



そんな風に考えてはいけない。

と自分に言い聞かせて歩き出せる時はいいが、

精神論では思い直せない時もやって来る。






僕の人生にも何度かその瞬間はあった。

今はおっさんになってしまってそう考える事は無くなったが、

若い頃は『自分が思い描いた人生にならなかったら死のう』

そう考えて生きていた。



その頃の僕が、何年も追いかけていた夢に挫折して、

何もかも捨てて地元へと戻った時がある。

周りの友人たちは、進学したり、仕事に就いたり、

それぞれの目的に向かって皆もうすでに歩き出していた。



手放した夢だけしか見て来なかった僕は、

何をしていいのか、何をするべきなのかも、

解らないまま、バイトに行って、家に帰って、

そんな毎日をただ繰り返して過ごしていた。



夢を追いかけていた頃には、

その夢の実現と、また恋をしたり、家庭を持ったり、

人生を楽しんでいる将来も想像出来た。



でもその時の僕には一切、そんな希望と、

自分の人生がつながっている様には思えなかった。

そう『思い描いていた人生』になる可能性など、

まったく無かったのである。



小説やドラマであれば、そんな僕に、

ときめく出会いがあって人生が色づき始めたり、

すごい事に出会ってそこから新しい人生が展開したり、

するのだろうが、まったくその兆しもない。



悶々とした人生の時間が数か月続いていた様な気がする。



それは何がきっかけだったかのかは覚えていない。

その時の僕が、人生や哲学についての本を、

読んでいたとも思えない。



かろうじて覚えているのは、

夕方実家の玄関の前でそう思ったのを覚えている。

出かける時なのか、帰って来た時なのかもわからない。



西日の当たる玄関先で僕は『生きよう...』そう思った。

それはまったく力強くは無かった。

『どんな人生でも、どれだけみじめでも、寂しくても、

 ただ、死ぬまでは生きよう』それだけを思った。



今考えると、動物的いや生き物的には、

ごく自然な欲求のようにも思う。



『死ぬまでは生きよう』

それはおっさんになった今の僕には『当たり前やんけ』と、

突っ込みどころが満載ではあるが、

その時の僕にとっては『ちっちゃなちっちゃな大きな決意』

だったに違いない。



稀にみる弱々しい決意だが一旦『生きる』ことを決めると、

不思議と色んな欲求が出て来てしまう。


歌を唄える様になりたいなあ・・

ギターが弾けるようになりたいなあ・・



するとバイトの帰りにギターを習いに行く。



毎日毎日やる事もなく歌を唄っていると、

少し欲が出て人前で歌って見たくなる。



暗い青年が毎週レッスンに来て一生懸命歌っていると、

優しいギターの先生はライブハウスに連れて行ってくれる。



そして今度はライブハウスにも通い始めると、

そこで将来の妻になる女性と出会い、

また新しい仕事にも巡り合う。



そこで僕の人生はハッピーエンドで終わるのではなく、

また続きがある事はここでは割愛する。が、

とにかくその時人生は劇的に展開し始めた。






人や様々なものとの”出会い”は、

人生に劇的な変化をもたらしてくれる。


でも本当は、その前に何かを”決めた”こと。

その事が色んな出会いを創造しているのかも知れない。



『死』にはふたつの意味があると言う。

ひとつは人生が文字通り終わると言う意味。

そしてもうひとつは今までの自分が死んで、

新しく生まれる『誕生』を秘めた死。



もし今、何かを見失っている”時”だとしたら、

もし今、何かを無くしてしまった”時”だとしたら、


小さな声でいい、ささやきでもいい、『生きよう』と。



 
 〇 吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>


2018年02月19日

 してはいけないと思いながらしてしまう時

パートナーに「別れたい」と言われたり、

相手の行動に疑いを感じ始めたり、

また別居生活が始まったり。



夫婦の間に大きな問題が起こると、

心の中は常に、相手を失うかも知れない。

そんな恐怖でいっぱいになってしまいます。



仕事をしていても、

他の事をしていても、

すぐにその不安や心配が頭をよぎって、

物事に集中できなかったり、楽しめなかったりします。



また、仕事や家事などが終わって、

ひとりの自由な時間になれば、

それはそれで、何かでごまかす事も出来ず、

その事だけで頭がいっぱいになってしまうでしょう。



 離れてしまった相手の気持ちの事ばかりを考えていたり。

 浮気の証拠ばかり探していたり。

 何とか相手の気持ちを取り戻そうと焦ったり。



セミナーやカウンセリングで知った

『執着や期待を手放す事』

『相手を変えようするのではなく自分に目を向ける事』

『今しない方が良い事』も、全部頭では解っているのだけれど、

ついつい詮索してしまったり、

相手に感情をぶつけてしまったり、

相手の気持ちを何とか取り戻そうとメールや電話をしてしまう。



一番苦しい時です。

いろいろアドバイスはしていても、

この時の苦しさは僕もよくよく知っています。



疑う事。

相手に怒りをぶつけたくなる事。

自分を責め続ける事。

相手になんとか解ってもらいたいと”してしまう”事。



してしまった事で自分を責め続けたり、

また自分をがんじがらめに縛り付ける必要は無いですが、

どうしてもその行動をしてしまいたくなる時は、

何がそうさせてしまうのか?

自分の心の中の一番奥にある感情に目を向けて見る事です。



 どうしてここまで相手を疑ってしまうのだろう?

 どうしてこれほど怒りを感じてしまうのだろう?

 どうして相手や自分を責め続けてしまうのだろう?



こんな質問を自分に投げかけて見てください。

『そんなの当たり前の事でしょ』とか、

『普通怒りを感じて当然でしょ』って気持ちが、

出てくるかも知れません。

でももう少しだけ自分の気持ちに向き合って見てください。


すると、


 傷つくことが怖い。

 相手を許せなくなるのが怖い。

 相手を失うことが怖い。

 ひとりになることが怖い。



僕たちがどうしてもその行動をしてしまう時というのは、

心の奥では何かに怯えていたり、

ある状況になる事をすごく怖れている事が多いのです。



まず自分が怖がっている事を知ってあげる事。

『私すごく怖いんだ』

『怖がっているんだ』

その事を素直に認めたり、受け入れてあげる事で、

その衝動を少し緩めてあげる事が出来ます。



そして『怖れ』というものは、

人と『つながること』で癒す事が出来ます。


誰かに会いに行ったり、誰かと話をしたり、

またカウンセリングやセミナーに参加する事も良いでしょう。



もうひとつ即効性のある方法は『愛の言葉』を使う事です。

僕たちの心は色んな感情を感じますが、

その元になっているのは愛か怖れのどちらかしかありません。

『怖れ』でいっぱいになっているなら『愛』の言葉を使う。



愛から発生する言葉のひとつに、

『ありがとうございます』感謝の言葉があります。

考えて見ればとても素敵な言葉です。



 心が猜疑心でいっぱいになった時、

 心が怒りであふれそうになった時、

 心が怖れで満たされた時、



『ありがとうございます』を心の中で繰り返します。

感謝する気持ちになれてなくても大丈夫です。


僕のおすすめは数を数えながら繰り返す事です。

ここがポイントです!


苦しくなった時、

まずは500回『ありがとうございます』を繰り返しましょう。


騙されたと思って一度、今やって見てください。




 〇 関連記事   離婚カウンセリング「 夫婦問題が苦しいのは 」

             離婚カウンセリング「 自分自身に目を向けることの意味 」

 〇 吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>


2018年02月05日

「前に進めない理由」は思わぬところにあるのかも〜罪悪感〜

先日、

「今、僕を前に進めない様している原因は何?」

そんな問いかけをして引いた一枚のカード。

そこに書かれていたメッセージは【罪悪感】。



あぁ 罪悪感かあ・・・

ずいぶん向き合って来たのになあ。



少〜し重たい気分になりながらも、

カードの意味の書かれた本を読み返して見た。






【 罪悪感 】


確かに、

心のどこかで、自分が罪を犯したと感じていたり、

過去に大切な人を傷つけた。

と感じて自分を責めていると、

今ある幸せを素直に受け取れなかったり、

ずっと願っている成功に、

自分から近づけなかったり遠ざけてしまったり。



そんな状況を人生に創り出していたとしても、

納得できます。



以前僕の師匠がセミナーで、

罪悪感の説明をする時によく『ばいきんまん』の話をしていました。

そう『アンパンマン』に出来てくる『ばいきんまん』です。



『ばいきんまん』は皆に悪さをしたり、食べ物を横取りして、

いつも『アンパンマン』に懲らしめられています。



でもよく考えて見たら、アンパンマンの世界は愛の世界です。

お腹がすいたら誰にでもパンを与えてくれるのです。

『ばいきんまん』も、普通に食べ物や欲しいものを、

「ちょーだい」って言えば喜んで与えてもらえるのです。



なのに『ばいきんまん』はわざわざ横取りしようとする。



なぜ?



「ちょーだい」と言えない『ばいきんまん』の心の中には、

”きっと僕にはくれないだろう”

”嫌われ者だから”

そんな気持ちがあるのでしょう。



自分を『毒』の様に感じていたり、

自分にはそれを受け取る資格はないと思えたり、

自分が幸せになったら誰かに攻撃されると感じていたり、

自分は幸せにはなってはいけない。



そんな気持ちを作り出しているのが【罪悪感】です。



『ばいきんまん』の様に横取りや悪い行動はしなくても、

本当は必要なのに「いや、僕はいいですから」

と遠慮してしまう心理の裏にも、

罪悪感が潜んでいるかも知れません。






【なぜ罪悪感を持ったのだろう?】


心理学やカウンセリングで使う【罪悪感】とは、

『実際』に罪を犯して抱えた感情と言うよりは、

『心』が、誰かを傷つけたり大切な人を助けられなかったと、

”感じて”持ち続ける感情のことを言います。



例えば、

 別れた彼や彼女に対して。

 離婚して相手の元において来た子供に対して。

 また反対に自分が引き取った子供に。

 親の期待通りの人生を選ばなかった、そんな両親に対して。

 そばに居て欲しいと願っていた母を置いて家を出た事。

 助けてあげられなかった父に。

 寂しさを拭ってあげられなかった母に。

 救ってあげる事が出来なかった大切な人に。 etc.



僕たちは、ありとあらゆることに罪悪感を持つ事が出来ます。

そして今も心のどこかで自分を責め続けている事もあるのです。



こんな文章では解決する事の出来ない【罪悪感】もたくさんあります。

ただ、忘れて欲しくないのは、

【罪悪感】とは、あなたの心にある【愛】から生まれる感情だと言う事です。

あなたが誰かを 愛した から感じている感情なのです。






【罪悪感を手放す方法】


もし今あなたが前に進めない、

その理由に、誰かに対する【罪悪感】があると気付いたら、

こんな話に耳を傾けて下さい。



僕たちの心は今一緒にいない人とでも、深いところで繋がっています。

もしあなたが大切な人が傷ついた事で自分を責めていたなら、

その大切な人も同じ様に自分を責める気持ちを持っています。

お互い”同じ感情”を持っていると言う意味です。



もしあなたがその人を見捨てたと感じているのなら、

その大切な人も心のどこかであなたを見捨てたと感じています。



今会う事が出来る人で、

その人が自分を責めている様には見えないと思う人でも、

心のどこかにあなたと同じ気持ちを持っています。



【罪悪感】とは、誰もが出来る事なら触れたくない感情です。

すぐに怒ってしまう人、無関心をよそおう人、明るい人、

その人の心の中に、自分を責める気持ちがないとは、

言えないのです。



 もし自分が親で無かったら、

 この子はもっと別の人生を歩めていたのかも知れない。



 ぼくがあの時もっと引き止めていたら、

 お父さんは家を出て行かなかったかも知れない。



 彼女は本当は僕とは出会わなかった方が、

 良かったのかも知れない。



でも、心は繋がっています。

あなたがその【罪悪感】を手放した時、

あなたの大切な人も心の中のその【罪悪感】を手放して、

自由になれるのです。






あなたが、もう自分のことを責めるのは”止めよう”。

あなたが、もう【罪悪感】を手放そう。



そう本当に思った時、すべては動き始めます。



【罪悪感】を手放す方法のひとつは、

ほかの感情や痛みと同じ様に 感じきる 事です。

感じきる事がひとりで難しいと思う時は、

カウンセリングやセミナーの場を使ってください。



僕自身もセミナーで何度も何度も同じ罪悪感に、

向き合った覚えがあります。何年もかかって。


でも感じた分、必ずその感情は減っていきます。

そしてゼロにならなくてもいいのです。

目の前の幸せに手を伸ばす事が出来る分だけ、

癒せればいいのです。



そしてもうひとつ紹介出来る方法は【あやまる】です。



僕たちは謝る事とは、

自分の方に非があることを認めてしまったり、

自分が悪いことを永遠に確定してしまったり、

してしまう様に感じているかも知れません。



でも【あやまる】ことの心理的な意味とは、


 自分を許すこと。

 自分の心の中にある罪悪感を手放すこと。

 相手との過去を手放し、現在のその人と再びつながること。

 なのです。



実際に会う事が出来る人なら会いに行きましょう。

もし会えない人なら、

あなたが傷つけたと感じた時の相手を、

心の中に思い浮かべて下さい。



そしてあなたの方から近づいていきましょう。


あなたと大切な人が、

もう一度歩き出せるために。


『ごめんなさい』 


心からのその気持ちを伝えてください。






 〇 関連記事
  
   こころの救急箱「 前に進めない 」>>>

   こころの救急箱「 前に進むのが怖い時 」>>>


 〇 吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>