2018年01月

2018年01月29日

「素の自分」〜本当の自分の出し方〜

『素の自分を出せる』

『あるががままの自分でいる』



とても魅力的な言葉です。



でも『素の自分』とか『あるがままの自分』って、

いったいどの自分の事なのでしょう?



『素の自分』という言葉から誰もが想像するのは、



 気を使わなくてよかったり、

 気楽だったり、自由だったり、

 楽しんでいたりする自分でしょう。



もちろんいつもそうありたいですが、

その自分が『素の自分』だと決めてしまうと、



 周りに気を使ってる自分や、

 話題が無くなって黙ってしまう自分、

 その場を楽しめていない自分、



はダメな自分だったり、

変えなきゃいけない自分の様に感じて、

ますます緊張したりプレッシャーを感じて、

気楽な自分から遠ざかってしまう様に思います。



また『あるがまま』という言葉の意味について考えても、

喜んだり、楽しんだり、おおらかだったり、

ポジティブな自分だけを言っているのではありません。



 何かがすごく気になってしまったり、

 人前で緊張したり、

 また誰かに怒っていたり、嫉妬していたり、



そんな色んな事を感じている自分そのままを

『あるがまま』と言うのです。



だから『素の自分』を出せる様になりたい。

また『あるがままの自分』でいたい。



そんな取り組みをしようとする時は、

気を使ってしまう自分も、楽しめていない自分も否定せず、

今のすべての自分を受け入れてあげる事がとても大切です。






【心に着ている服の脱ぎ方】



今の自分をそのまま受け入れた上で、



人と一緒にいると自分を出せないんですとか、

もっと楽に人と付き合いたいんですとか、

孤独なんです。などの相談を受けた時に、

『心に着ている服』という言葉を使って、

今の心の状態をしてイメージしてもらう事があります。



本当の自分を”隠さない”といけない。

素の自分では”いけない”と感じて、

服を着込んでしまっている状態。



『よそ行きの服』という言葉に置き換えてもらってもいいです。



心に服を着込んでいると、

本当の自分を解ってもらえてるとは感じられないし、

人との間に距離を感じたり、

人の輪の中に入る事が重たくて億劫なことになってしまいます。



素の自分でいるため、

どうしたらこの『よそ行きの服』を脱げるのでしょう。


その方法を見つけるカギは、

どうしてその服を着込んだのか?

その理由を考えて見る事です。



 恥ずかしいから

 嫌われないために

 馬鹿にされないために

 傷つけられないために

 何かを隠すために etc.etc.



人によって様々な理由が出て来ます。



そしてここで気が付いて欲しいのは、



洋服を脱いだ自分が、



 恥ずかしい存在だったり、

 愛されない存在だったり、

 役に立たない存在だったり、etc.



そう感じているのは自分自身だと言う事です。

周りの人がそう感じているのではないのです。



人によっては小さい頃から言われ続けた事だったり、

何かのきっかけでそう感じ始めたり、

そんな理由が見えてくるかも知れません。



でもそれは真実ではないのです。



心の服を脱ぐために必要なことは、

素の自分と思う自分を、

あなたが許してあげることです。



 面白みの無い人間だとか、

 役に立たない人間だとか、

 楽しくない人間だとか、



そう思い込んだり、

責めているのはあなた自身です。



始めに誰かがあなたにそう言ったのかも知れません。

誰かがあなたにそう思わせたのかも知れない。



でも今もその自分を批判し攻撃し続けているのは、

あなた自身なのです。



 あなたが、内面に楽しいユーモアを持っていること。

 あなたは、人が喜ぶことが大好きなこと。

 あなたが、いつも誰かの力になってあげたい願っていること。

 あなたは、人のことが本当は大好きなこと。

 あなたが、一生懸命人のことを愛して来たこと。



そのことをあなたも知っているはずです。

だからまずあなたが素のあなたを許してあげましょう。



そして少しだけ、

自分が失敗することや間違うこと、

そして恥ずかしいって思うこと、

そんな事があなたの人生に起こることも、

許してあげて見てください。






【自分を表現する勇気を持つ考え方】



素の自分を出す。

自分を表現する。


その時、少し勇気が必要だなって思う時に、

今でも僕が思い出している考え方を、

お伝えしたいと思います。



僕が社会に出て会社に入りたての頃、

何かを表現する時に、

緊張してガチガチになって何も出来なかった時がありました。



 周りの人に評価されなきゃいけない。

 みんなに嫌われないようにしなきゃいけない。

 正しい事を言わないといけない。

 そんな気持ちでいっぱいいっぱいでした。



その時先輩が教えてくれた【2対6対2の法則】



自分のことを周りの人がどう評価するか?

また好きと感じるか嫌いか?という自然な割合です。



自分が周りの世界に対して、感じている事を考えて見て下さい。

例えばテレビを見ている時、

そこに映る芸能人すべてが好きかというとそうではないです。



好きな人は【2割】くらい。

でも【2割】くらいの人はどちらか言うと嫌い。

じゃ後の【6割】はというと、どちらでもとか、誰だか知らない。



自分がそう感じているのだったら、

周りの人もきっと同じです。

だから自分が何かを表現した時、

その割合で評価されたりされなかったりする。

それが”自然なんだ”という先輩の教えです。



先輩が、ガチガチになっている僕を見かねて、

「ちょっと力を抜いてお前のままでいいんだ」

と伝えてくれたのでしょう。



その割合が確かなのか、

また自分が周りの人に興味を持つ努力をしたり、

自分を好きになってもらう努力で、

割合を増やすは出来るとしても、



この法則のことを思い出すと、

何かを表現する時、自分を出そうとする時、

少し勇気が出てきます。



僕たちはどこかで万人に評価されないといけないとか、

みんなに好かれないといけない。

と思ってる事が多いです。

でも実はそうでなくていいんです。






【素の自分の出し方】〜まとめ〜



 〆のどんな自分も否定しない。


◆ ̄している自分を許してあげる。


 間違ったり、失敗したり、恥ずしかったり、

  することを怖がらない。


ぁー分を表現する勇気を持つ。




今ふと思い出したのですが・・・

心に着ている服という言葉を使ってきましたが、

僕の出会って来た人の中には、

心に素敵な服を着ている人もたくさんいました。



 人に気を使わせないように

 周りの人をいつも楽しませるために

 人をほっとさせるために



彼女たちは何かを隠すのではなく、

周りの人が楽しくいられる様に、

喜んでその服を着ている様に思います。

それも彼女の素敵な魅力のひとつでしょう。



『素の自分』とは、

今のあなたも、

隠しているあなたも、

心の服を楽しんでいるあなたも、

そのすべてなのかも知れない。



でもあなたがもっともっと楽に自然に、

あなた自身を楽しんだなら、

あなたを応援する人、

そしてあなたから勇気をもらえる人、

あなたに癒される人がきっとあらわれます。



【素の自分の出し方】〜まとめ〜


そのト嵬椶蓮


『 あなた自身を楽しむ 』


すべてのあなたを愛しそして楽しんでください。







 〇 関連記事  「うまくいかない時こそ自分らしさを」>>> 

 〇 吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇 電話カウンセリング>>>

 〇 面談カウンセリング>>>

2018年01月22日

「怖れ」〜まずは心の中の怖れを手放そう〜


僕たちがこの世に生きている限り

心の中から怖れというものを、

まったく無くしてしまう事は出来ないのかも知れない。



生きている限り死は存在するし、

大切な人がいれば、その人を失うことは怖い。



でもおそらく色んな方法で、

怖れを乗り越えたり、

怖れに負けないで前に進んだり、

怖れよりも喜びや愛を選んで生きる事が出来るのだと思う。


その方法についてたくさん考えて見たい。





【 結果ではなく まず心の中の怖れを手放そう 】





私たちの心は時々、

自分以外の人の行動や選択を怖れている時があります。



 愛する人が浮気するのではないか。

 パートナーが私から去って行くのではないか。


 友人は僕の事を相手にしていないのではないか。

 私の事を本当は迷惑だと感じているのではないか。


 仕事の顧客は今年契約を打ち切るのではないか。

 勤務先は給料を下げてくるのではないか。 等々



大切なものを失ってしまったり、

今どうしても必要だと考えているものが無くなったり、

自分が傷つけられる事を考えてしまうと、

その事が頭から離れなくなってしまう時があります。



そして心が怖れでいっぱいになってくると、

まだその現実が起こってもいないのに、

相手の心理を想像したり、

その行動や兆候、また証拠を探し始めます。



 浮気の証拠を探して見たり。

 自分に、気が無くなったり迷惑に感じていると思える

 相手の行動や言動ばかりが気にしたり。

 今まであった顧客の身勝手な態度や、

 過去の会社の理不尽なやり方を怒り出したり。



あたかも既にその結果が起こったかのように、

その事ばかりを考えてしまっています。



また、こんな言い方をすれば身も蓋もないですが、

自分以外の人の行動や選択を怖れたところで、

はっきり言って、こちらではどうしようも無い事でもあります。



 浮気や不倫が悪い事だと多くの人が考えたとしても、

 パートナーの心が誰かに魅かれてしまう事は阻止出来ません。

 友人や顧客が何を選択するのか、

 会社が理不尽な事を考えていても、

 こちらではコントロールする事は出来ないのです。



でも、その事ばかりが気になって怖れてしまう。

一体どうしたらいいのでしょう。



それは”結果”に意識を向けるのではなく、

心の中の”怖れ”を手放す努力をする事です。



言葉で表現すると、

『 彼が浮気するかどうかはどうする事も出来ないが、

  私は自分の心の中の”怖れ”を手放したい 』です。



現実(結果)を気にしないで、

心の中の怖れを手放すなんて無理だと感じたり、

相手の行動が変わらない限り怖れなんて手放せないと、

思うかも知れない。



でも少し思い出し見てください。

あなたは今回の事だけに怖れを抱いたのでしょうか?

ずっと以前から誰かに裏切られる事、見捨てられる事、

また愛されない事を、いつも心のどこかで怖れて生きて来たのではないでしょうか。



そして人生のある時間を怖れの中で生活し、

またもしかするとその怖れのいくつかは現実化して来たかも知れない。


もちろんあなたの心から怖れをまったく無くす事は出来ないでしょう。

でも、怖れよりもやすらぎや平和や豊かさを選べる自分にはなれるのです。





では怖れを手放す方法をいくつか紹介します。

自分にあった方法を見つけてください。


 まずは大きく三回深呼吸をします。

 腕や足、肩や背中、首や頭皮、瞼も、額も、

 身体のあらゆるところの力が抜けていくところをイメージしてください。


 心と身体は密接につながっています。

 心が緊張(怖れる)すると身体にも力が入ります。

 意識的に身体の力を抜くと、心の緊張のゆるみます。




 /瓦涼罎撚薪戮皺薪戮癲惴斥奸戮魴り返します。

  『 わたしは結果ではなく 今心の中にある怖れを手放したい 』

  『 わたしは心の中の怖れを手放します 』

  


◆〔椶鯤弔犬謄ぅ瓠璽犬靴討ださい。

  心の中にある怖れを真っ黒い雲や塊にして、

  胸から外に取り出してください。

  そしてその塊を宇宙にまた神様の手の中に返してください。

  その塊が大きなの愛の中に溶けて無くなっていくのを感じてください。




 今あなたは女神さまに背中から抱かれています。

  あなたのお腹を女神さまの手が優しくさすってくれています。

  その手から出たきれいな光が、あなたの中の怖れにも届きます。

  そしてあなたの怖れは少しずつ溶けていきます。




怖れは愛の対局にあるものではありません。

怖れは愛の一部、愛の一面なのです。

怖れが愛の中に戻っていくと同時に、あなたの目も怖れから離れていきます。




怖れを通して人を見ている自分に気付く度に、

『 私は怖れを手放します 』

その言葉をを繰り返し繰り返し言い続けてください。



 〇吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


2018年01月15日

カウンセリングケア 「  効果的なカウンセリングの受け方  」

■ カウンセリング ケア ■

 このコーナーでは、カウンセリングを受けて頂いている皆様へ、

 カウンセリングで使っている言葉の説明や、その取り組みのプロセス、

 また、僕が日々気づいたことなどを中心にお伝えしていきたいと思っております。

 日々の生活でヒントや、皆様の心のケアに役立てて頂ければ幸いです。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --





「 効果的なカウンセリングの受け方 」





はじめてカウンセリングを受けて頂いた時、

「 これからどんな風に受ければいいですか? 」

とよく質問されます。



いつも僕がお伝えしている事を、

この場所でも書いておきたいと思います。




まずカウンセリングの受け方について、

基本は『 ご自由に使ってください 』と伝えます。



日常生活で行き詰った時でも、

どうしたら良いかわからなくなった時でも、

また何か聴いて欲しい事が出来た時でも、

いつでも必要な時にカウンセリングを使って下さって、

少しでもお役に立てれば、本当にうれしいです。




ただ、今本当に解決したい問題があったり、

変わってどうしても前に進みたい。

結果が欲しい。

そんな風に思われている時には、

『 2週間に一度でも3週間に一度でもいいですから、

日を決めて定期的に受けてください 』と提案しています。



実際に何年もお話させて頂いているお客様が、

「 今年は週一で必ずカウンセリングします 」とか、

「 これから毎月カウンセリングを受けます 」と、

宣言された途端に状況が一変する事があります。



これは、僕の考えなのですが、

カウンセリングに限らず『 必ず○○をしよう 』と決めた時って、

もうすでに僕たちの気持ちや意識は、

そちらの方向に動き出し始めているのだと思うのです。



『 必ず○○する 』とすでに心では決まっている。

そしてその方法がカウンセリングなのか、セミナーなのか、

ほかのものなのか、という事なのだと思います。



例えば少し風邪気味な時、


  〆鯑から喉が痛いなあ、少し熱っぽいし、

   でも病院に行く時間もないし、

   家にある薬でなんとかならないかなあ・・・


 ◆―桔は彼との旅行だし、点滴でも何でもして

   『 絶対に今日中に治すんだ 』

   と決めてお医者様に行く。


というのでは違います。


また、歯が痛い時、


最近の歯医者さんはオーラルケアなどもあり、

ずいぶん気軽に行ける様になりましたが、

子供の頃、歯医者さんに行く時って相当な覚悟(決心)でした。


僕たちは『 治す 』と決めてから、お医者様に行くのだと思うのです。



ほかの事でも、

『 成功する 』と決めて、事業を起こしたり、仕事に専念したり、

『 ○○する 』と決めてからする事には結果がついて来ます。



『 覚悟を決めてから、カウンセリングを申し込んでください 』

と言ってる様に取られると、お申込みが減って困ってしまいますが(笑)

少し続けて見ようっ!と軽く決めて定期的に受けて下さると、

変化や結果が必ずついて来ると思います。




もうひとつ、日を決めて受けていただく事をお勧めする理由は、

手にしたいもの、達成したいこと、変わりたいこと、

その”核心の部分”に目を向けて取り組む事が出来るからです。



しんどい時、苦しい時のカウンセリングは、

その苦しさを和らげたり楽になる事に、

ほとんどの時間を使ってしまう事が多いです。



カウンセリングの日が決まってしまっていると、

「 えっと、今日はそんなに聴いて欲しい話もないんですが・・・ 」

と言う日も必ず来ます。



チャンスです(喜)!



僕たちの心は、核心にはなかなか触れたがりません。

それを心の『 抵抗 』とか『 反発 』と呼びます。



 ※詳しくはこちら>> カウンセリングケア『 心の抵抗 』


問題の核心やホントに変化が必要なところに取り組んだり、

また今まで見えなかった大きな気づきを経験する事が、

本当の意味での癒しであり、幸せや豊かさを手にしていける確実な道なのです。




そして最後に、

あなたが”何かを決めて”チャレンジしようとする時、

心のどこかで『もし失敗したら・・・』

そんな気持ちが出てくるかも知れません。



でも考えて見てください。

本当に自分のやりたい事で成功している人、

本当に幸せだという人生を手にしている人であればあるほど、

あなたの勇気を応援します。



『 どうしても成功する 』

『 絶対にしあわせになる 』 あなたはそう決めてもいいんです。




 〇 吉原のホームページ Foo−cen   『今日のテーマ』 毎日更新中!


 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


2018年01月08日

こころの救急箱 「 今すぐ穏やかになりたい 」


日々穏やかな自分でいたい。

あなたはそう願って生きているでしょう。


そして平和で心豊かな自分でありたい。

誰もがそう願っています。


そんな自分でいるために、

仕事を頑張ったり、本を読んだり、勉強をしたり、

また心のケアも毎日取り組んでいるのです。



それなのに僕たちの心は一瞬にして、

掻き乱されてしまう事があります。


 誰かが言った一言で。

 愛する人の何気ない言葉で。


 健康の事、

 お金の事 etc.

 心の中の不安や心配を呼び覚まされた時に。


平和で穏やかな自分でいたいと日々努力しているのに、

一瞬で心は怒りや不安、猜疑心や憎しみで、

いっぱいになってしまう時があります。




一体どうしたらこの苦しい状態から抜け出せるのでしょう。




精神世界の事を語る本にはこう書かれています。



『 あなたの心を乱す原因はあなたの外の世界にはありません 』


  
 >その事は僕もよく知っています。

 >そして今までにも何度も何度もその事については考えてきました。




またこんな風にも書かれています。



『 あなたが誰かから、何かをもらおうとしたり、何かを期待したり

  している限りあなたはやすらぎを得る事は出来ないでしょう。』



 >それも僕は解っています。

 >人は自分のために存在しているのでは無い事も解っているし。

 >愛されたいという期待を手放した方がいい事も知っています。

 >人や社会が僕の望むように変わって欲しいという期待・・・

 >その期待がある限り僕は傷つく事から逃れられないという事実も。

 >僕は解っています。


でも・・・


解っていてもなかなかその域に達する事が出来ません。


 愛する人からも、自分が愛するのと同じように愛されたいし。

 一生懸命になればなるほど、ちゃんとした評価もして欲しい。

 今あるものに感謝はしても、失う事を考えれば不安になるし、

 社会にも他人にも自分をちゃんと扱って欲しいと願っている。


それが僕たちの素直な気持ちなのだと思うのです。


そんな僕でも、

心の中が不安でいっぱいになった時、

苦しさでいっぱいになった時”使える”なと思う方法があります。

その方法を紹介してこの文章をしめくくりたいと思います。






”誰かを想うこと”


誰かに全力で与えようとする時、

誰かのことを本気で助けたいと思う時、

誰かを救いたいと心から願う時、

僕たちの心は怖れや痛みを飛び越えてしまいます。


あなたが真剣に力になってあげていと思う人に、

会いに行ってあげてもいいし、手紙やメールでもいいです。

あなた自身をすべてその人に与えてあげてください。


それが難しければ、

今ここであなたの想いを送ってあげる事でもOKです。


目を閉じて、

その人を苦しめている問題がすべて無くなり、

その人が本当に求めていた幸せを手にしているところを、

喜びに満ち溢れ、満面の笑みを浮かべている姿を想像してください。

5分いや10分間、ずっとその笑顔を見守っていてあげましょう。



誰かのことをあなたが全力で想うとき、

あなたが今引っかかっている痛みや問題より、

本当のあなたはもっともっと大きな存在だということを、

きっと思い出させてくれます。






 〇 吉原のホームページ Foo−cen 『今日のテーマ』 毎日更新中!


 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>