2007年08月

2007年08月24日

ときどきポエム   〜 ことだま 〜

 
 辛い時は必ず言ってみる

 悲しい時も言ってみる

 天井見つめて言ってみる

 勇気がいるけど言ってみる

 抵抗あるけど言ってみる

雲ことだま
   感じられなくても

     そう思えなくても

        言い続けみる



  明日のために言ってみる    

      ”ありがとう”   って






http://www.foo-cen.com >>>
 〇電話カウンセリング
 〇面談カウンセリング



  

こころの救急箱 「 あきらめかけた とき 」

僕達はいつも、何かに向かって一生懸命生きています。

それを手にするために、目標を達成するために、日々頑張っています。



小説を書いて、いつか作家として暮らしたい!

絵を描いて、画家になりたい。

会社を興して、がんがん稼ぎたい!

大儲けして、嫁さんを幸せにするぞ〜!



誰しもが、夢や希望に向かって走り続けています。

人が一番輝いている瞬間です。



でも時に、いくら頑張っても成果が出なかったり、

その夢を手にするのに、あまりにも大きな障害に出くわしたりします。



その目標が果てしなく遠くに感じて、

もう、どうしても無理だと感じてしまう事もあるでしょう。



そんな時、長い間追いかけて来たものを、

諦めかけてしまう   ・・・瞬間があります。




  *  *  *  *  *  




僕は若い頃、音楽の道を目指していました。

中学の時ブラスバンド部で、トランペットという楽器に出会います。

内気で学校嫌いだった僕も、楽器で自分を表現出来る事が楽しくて、

仲間と一緒に一つの音楽を創りだすのが,嬉しくて仕方ない毎日を過します。



いつしか、僕はプロになりたい。

好きな音楽で生きていけたら、どんなに楽しいだろうと思うようになります。

そして高校に入ってからは、部活も辞め、

楽器が上手になるために、ひたすらレッスンに専念する様になります。

音楽の大学に進学するために、受験のために、楽器を演奏し続けます。



もともと、音楽に精通ていたわけでもなく、

演奏が秀でていたわけでもなく、悪戦苦闘の毎日を過します。

そして大学受験する直前に、こんなことを指摘されます。

「君のトランペットは、音を出す基礎が出来ていない」



ショックでした。もともと我流でやってきた事です。

「今のやり方では上達しない、プロにはなれない」

悩み抜いた末、僕はもう一度基礎からやり直す決心に至ります。



毎日毎日、音が出ない状態からの再練習です。

曲を一曲吹きあげることも出来ません。



かろうじて大学には進学しますが、

今までで演奏出来た曲すら、思い通りに奏でられないのです。

悶々と音を出す訓練に打ち込みますが、心はどんどん沈んでいきます。



そして最終的には、僕はその焦心から抜け出す事が出来ず、

大学も、音楽も、トランペットさえ手放してしまう事になります。



そしてそれ以来、ラッパを手にする事も無くなってしまいました。



それから何年もの月日が流れ、


僕は普通の仕事に就いて、ちょうど所帯を持った頃です。


僕は、時折ラッパを吹いている夢を見るようになりました。

それまで、そんな挫折をすっかり忘れて日常生活を楽しんでいたのに、

夜になると、夢の中で毎夜トランペットを奏でているんです。

それもたった一人で、気持ちよさそうにトランペットを吹いているのです。



そして僕は、その時になってやっと気付いたのです。



僕はトランペット吹きを目指しました。

プロになって音楽で生きて行く事を夢見て頑張っていたのです。

そして、それを叶えることが出来ず挫折をしてしまいました。



だけど・・・


僕が本当にしたかった事は何だったんだろう?


それは、ただトランペットを奏でる事だけだったんです。


トランペットと言う楽器で自分を表現する。

そして、皆でひとつの音楽を奏でる。

そして、それを聴いてくれる人がいる、一緒に楽しんでくれる人がいる。

ただ単純にその事が、僕の幸せで、喜びだったんです。



僕は、ただトランペットを吹く事が、僕の喜びで、幸せで、

   ただそれが”やりたい事”だったんです。
 

 
  *  *  *  *  *



もし今、あなたが何かを諦めようとしているなら、もう一度思い出して下さい。

あなたがその目標を目指す前に、あなたが求めていたものは何だったのでしょう?



あなたが、喜びを感じ、幸せを感じるものはどんな事だったのでしょう?

今あなたが考えているより、もっともっとシンプルなものではなかったですか?



ただ、絵を描きたい。

ただ、音楽を奏でたい。

ただ、家族と豊かな時間を過したい。

ただ、自分を表現したい。

ただ、したい。



あなたは、今掲げている目標を達する前に、

あなたがしていた事が、あなたに最大の喜びと幸せを与えてくれていたのです。



そしてあなたを満たした”喜び”が、周りの人に広がって行く時、

プロになったり、会社になったり、お金が入って来たりするのです。



あなたを本当に幸せにしてくれていたものを思い出して下さい。

あなたを喜びに溢れさせてくれた事をもう一度思い出して下さい。



あなたの楽しさ、喜び、幸せが満ち溢れて広がって行った時、

あなたは”プロ”になり”成功者”となるのです。



あなたにもう一度、ただそれを「させてあげて」下さい。





http://www.foo-cen.com >>>

 〇電話カウンセリング

 〇面談カウンセリング
 


2007年08月06日

ときどきポエム   〜 ひかり 〜

光 2歩いても 歩いても  見えないものならば

進んでも 進んでも  まだそこにないものならば

探しても 探しても  見つからないものならば

いっそ 立ち止まって見ればいい     光 輝くほうへ





http://www.foo-cen.com >>>
 〇電話カウンセリング
 〇面談カウンセリング

2007年08月05日

離婚カウンセリング 「 別れたい 」心理の裏側

子供の頃・・・

周りの大人達の口から「結婚は忍耐よ!」なんて言葉を、

誰でも一度は耳にした事があると思います。

・・・僕もそんな会話に、子供ながらに何かせつない気持ちになったのを覚えています。

確かに夫婦生活が長くなれば、「別れたい」と思う事は幾度となくあるものです。

大きな喧嘩をした時、相手の裏切りを経験した時、

愛情を感じられなくなったり、お互い理解し合えないと感じた時。

僕達の心は、怒り、悲しみ、寂しさ、色んな感情を抱えます。

そして、その感情が拭えなくなった時、絶望した時、

その人と別れるしかないと考え始めます。




自分が傷つけられた方なら・・・

 私の気持ちをまったく理解してくれない夫に対して、

 SEXをしてくれない夫に対して、

 浮気を繰り返す夫に対して、

心の中は怒りや絶望でいっぱいになっています。

では、なぜ心の中に、怒りや諦めの気持ちを抱えたのですか?

それは、その関係でずっと悲しみや寂しさを感じ続けていたからです。

そして、その悲しみに寂しさに耐えられなくなったのです。



自分が加害者の方だと言うなら・・・

 私の事をもっともっと理解してと責める相手に、

 受け入れてくれない事にずっと不満を抱えている相手に、

 自分が裏切ってしまった相手に対して、

ずばり、嫌〜な感じを感じています。

その嫌〜な感じは何でしょう?

普段、感じない様にしていても、心に向き合えば見えて来ます。

いつも責められている感じ、申し訳ないという気持ち、罪悪感です。

人はこの苦しい罪悪感という感情を出来るだけ感じない様に行動します。

妻と顔を合わしたくない・・・ 家に帰るのが億劫で・・・

そんな時、心の中では罪悪感があるのですね。

そして、その感情にもう耐えられないと感じた時、別れる事を考え始めます。



僕達がその人と「別れたい」と感じる時、

それは必ず心の中でもう耐えられない「感情」を抱えているのです。



そしてその苦しい「感情」をもう感じたくない。

その耐え難い「気持ち」と決別したいと思う時、

人はその相手と「別れるしかない」と考えるのです。



もし今、あなたが誰かと別れたいと感じているならば、

その行動が正しいとか間違っているという事ではなく、

あなたが「どんな感情」から逃れたいと思っているのか一度確かめて見て下さい。



寂しさ? 悲しみ? 罪悪感? 屈辱感? 無価値感?



本当はその感情とお別れしたいのではないですか?

その苦しみを癒したいのではないのでしょうか?




僕たち人間は、誰かを愛したとき、

自分の事以上にその人の幸せを願う生き物です。



そしてその人をパートナーとして選んだなら、

私がその人を誰よりも幸せにしてあげたいと感じます。



 僕と結婚してから、妻がいつもいつも不満ばかりを漏らしているとしたら、

 そしてその妻を見ても、ちっとも幸せそうに見えなかったら、

 僕の心の奥底は、いつもどんな感情で満たされているのでしょう?



 子供が欲しいと言う夫との間に、なかなか子供が授からないとしたら、

 私の心の中には、どれほどの大きな苦しい感情を抱えているのでしょう?



 子供の頃からずっとお金で苦労してきた妻を、

 豊かにしたいがために始めた事業が失敗したら、

 夫が耐えられなくなってしまうのは、どんな感情なんだろう?



 子供の頃に、両親の離婚で父が自分の家を去って行った経験がある女性にとって、

 夫の裏切りが、どれほど大きな彼女が痛みに膨らむだろう?



「別れたい」と感じているあなたも、

「別れたい」と言われているあなたも聞いてください。



僕たちは、人を愛する動物です。

そして人を愛するがゆえに、時には耐え難い痛みを感じることもあります。

また誰の心の中にも、過去から持ち続けてきた「痛み」があるものなのです。



あなたとその人との間で起こった出来事で、

心の奥底にある「痛み」が吹き出すこともあるのです。



そしてそれに耐えられないと感じた時、

人は、その人と「別れたい」「別れるしかない」と感じるのです。




その昔・・・ 耐え難い感情を感じていたとしても、

「離婚は許されない」「子供のために辛抱しなくてはいけない」と言う社会の観念が強かった時、

その感情を抱え続けながら結婚生活を続けていくしか選択肢が無かったのです。



それは決して、すべての人が幸せになれる方法では無かったでしょう。

そんな時代に「結婚は忍耐」でしかなかったかも知れません。



現在「離婚は絶対ダメ」という社会の観念もゆるぎ、

夫婦生活以前に、個人の幸せや感情を重きに考える時代になりました。

その頃よりずっと個人の幸せを大切に考える事が出来る社会に成長したのです。



今、夫婦で問題が起こった時、

「誰かが我慢して家族の幸せを守る」という選択しか無かった時代から、

「離婚してまずは個人の幸せを選ぶ」という選択肢も選べる時代になりました。



でも本当はもうひとつ選択肢があるのです。



僕たちが感じる「別れたい」という気持ちが、

「何かの苦しい感情から逃れたい」という心理であるとしたら・・・



その耐え難い「感情」ときちんと向き合い根こそぎ癒してしまう。

そんな方法がある事も知っていてください。



その人と離れる事で、痛みは少し見えなくっても、

心の中の「感情」は、また心の中に仕舞い込んでしまうだけなのです。






○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ 】 毎日更新中! >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>


2007年08月03日

カウンセリングケア 「  感情の抑圧  」

◇カウンセリング ケア◇



このコーナーでは、カウンセリングを受けて頂いている方々へ、

カウンセリングで使っている言葉の説明や、その取り組みのプロセス。

また、僕が日々気付いた事などを中心にお伝えしていきたいと思っております。

日々の生活でのヒントや皆様の心のケアに役立てて頂ければ幸いです。



・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ 





「 感情の抑圧 」




カウンセリングを始めると、

普段の生活の中で、今まで感じなかった様な気持ちを感じる様になりましたとか、

何か、色んな事に感動する様になりました。など良くお聞きします。

これは、心の中にある感情を感じまいと抑圧していた”力”が少しずつ弱まり、

心の中にある自然な感情を、受け入れられる様になって来るのです。




では、どうして僕達は感情を抑圧する様になったのでしょう?



それは、今まで自分の感情が誰かを傷つけたり、

困らせたりするのではないかと思い込んで来たからなのです。



例えば「寂しい」という感情が、

彼や彼女の負担になるんじゃないかと思ってしまったり、

パートナーに対して自然に感じる「不満や怒り」を、

絶対にいけない事だと押さえ込んでしまったりします。



また、子供時代からの感情を探って見ても、

何かが「欲しい」と言う気持ちや「寂しい」と言う感情。

また「もっと愛されたい」と言う至って自然な気持ちまで抑圧している事も多いです。



それは、今まで経験の中で、

自分が持った感情によって、誰かを傷ついたり、苦しめたりした様に感じたからのなですね。




では、本当に僕達の感情が誰かを傷つけたりしたのでしょうか?



一般的な話として、小さい頃の躾を考えて見ましょう。

子供の頃、僕達は感情に本当に素直に生きていました。

嬉しい事。楽しい事。また悲しい事。寂しい事。欲しいという気持ち。

全てをあるがままに感じ、また表現していました。



それがある年齢になった時、躾が始まります。

おもちゃ屋さんの前で、おもちゃを買ってもらえなくて泣きわめいた時。

朝、仕事に出かけるお父さんに遊んで欲しいと泣きついた時。



普通は、叱られます(笑)



今の僕達は、その頃の光景を振り返って、

子供の対する教育だったり躾だと言う事が解りますが、

その頃の子供達の心では、その通りに理解出来ていなかった事もあります。



小さな子供の頃の僕達は、

毎日毎日、大好きなお父さんとお母さんに、

もっと誉められたい。もっともっと愛されたい。それだけを願って生きています。



そんな時代に、我慢をする子が「いい子」だとか、

わがまま言う子は「悪い子」だとか言われると・・・

素直な僕達は、お母さんやお父さんにもっと愛される子供になるためには、

もっともっと我慢しないといけないと感じても不思議ではないですよね。



また親自身の方も、欲しいものをずっと我慢して生きていたり、

自分の色んな感情に抑圧的だったりすると、

躾と言うより、怒りを子供達にぶけてしまう事もあるでしょう。



小さな子供達が、両親の怒る顔や怒鳴り声を聞いたとしたら、

きっとすごく恐かっただろうし、すごく傷ついたりしてしまいます。

そして自分が何かを「欲しい」と感じる事が、ひどく悪い事の様に感じてしまいます。




躾だけでなく環境も大きく影響しています。



共働きで一生懸命働いている両親に対して、

子供は「ひとりで寂しい」という気持ちをどれだけ我慢した事でしょう。



両親が離婚してお父さんがいない環境の中、

お母さんが一人で、必死の思いで自分達を守ってくれているとしたら・・・



自分の中にある”お父さんがいなくて寂しい”と言う気持ちを、

子供達はどれほど極悪で非情なものだと感じるでしょう。



僕達は子供の頃の様々な環境や経験の中で、

自分の中にある自然な感情を”いけないもの”として抑圧し始めます。



大好きな両親を怒らせるもの。

愛する親を困らせたり苦しめるもの。

また、自分の中にあってはいけないものの様に扱ってしまいます。



そして、大人になる過程でそんな風に感じていた事すら心の底に封じ込めてしまうのです。



だけど、子供がお父さんを恋しがる気持ちに何か間違いがあったでしょうか?

子供達が、ほしいものが欲しいという気持ちがいけなかった事だったのでしょうか?



もちろん”正しい感情”だったとしても、大人になった僕達が、

会社でやりたい仕事をやらせてもらえなかった時に、

デートの後で彼氏と別れて帰宅する時に、

毎回毎回、地面に寝っころがって泣きわめいては・・・少し変です(笑)




あの時代に僕達が学ぶべきだったのは”感情の表現方法”だったのです。



決して感情を感じない様になる事ではなかったのです。



そして僕達の”感情”は決して誰かを傷つけたりは、しないのです。



例えば・・・

私の中の「寂しい」と言う感情が、

夜な夜な身体を抜け出して彼氏の頭をぶつんです。



とか聞いた事ないですよね!(笑)



決して、自分達が持つ”感情”が問題を起こすのではないのです。

そして、僕達はその事に対して誤解しています。





まず、自分の中の色んな感情を許してあげる事から始めて下さい。



あなたが抑圧している”感情”に目を向けてあげて下さい。

今の生活の中で・・・ 前の恋愛で・・・ 小さい頃・・・



たくさんたくさん見つかるかも知れません。

そしてその感情を認めて受け入れてあげて下さい。



私は、こんなに”寂しさ”を感じていたのね。

私は、これほどにも”愛されたい”って思いを抑圧していたんだ。

俺は、こんなにも”悔しい”という気持ちを感じていたんだ。



あなたがそう感じる事は決して悪い事ではないのです。

誰も傷つけたりもしません。



あなたが自分の感情を受け入れ、自分を許して行く事。

そこからすべての”癒し”は始まって行くのです。




そして、あなたが、あなた自身の感情を抑圧した理由は・・・



周りの人をこれ以上傷つけたくないと感じた、

あなたの”優しさ”からだった事も思い出してください。





○1日のヒントがここに!【 今日のテーマ 】 毎日更新中! >>> 

 〇電話カウンセリング>>>

 〇面談カウンセリング>>>